ここから本文です

長丁場ドラマの救世主? 朝ドラ「なつぞら」序盤を引っ張る草刈正雄

4/20(土) 8:10配信

オトナンサー

未熟な序盤の主人公をアシスト

 近年の視聴者は年齢を問わず、分かりやすくテンポのいいストーリー展開を好み、朝ドラや大河ドラマのような長丁場の作品でも、早々にクライマックス級のシーンを求めるようになりました。

 しかし、制作サイドにとって、長丁場の作品で、序盤からクライマックス級のシーンを手掛けるのは至難の業。朝ドラや大河ドラマは、主人公の長い年月を描くため、序盤の段階では「未熟で魅力に欠ける」という人物設定であることが多く、盛り上げるのが難しいのです。

 実際、「真田丸」の主人公・真田信繁も序盤は未熟でしたが、草刈さん演じる父・昌幸の背中を見て成長し、中盤以降の活躍につなげました。朝ドラや大河ドラマなどの長丁場では、「成熟し魅力あふれる」中盤以降の主人公を形成するためのアシスト役が必要であり、それを草刈さんが見事に演じたのです。

「なつぞら」も同様に、草刈さんは序盤の「未熟で魅力に欠ける」なつを成長させる役割を担当。だから、草刈さんの演じる泰樹は、魅力であふれていて当然なのです。もちろん、草刈さんの役割は誰にでもできるものではなく、全身から醸し出す人間的な魅力や、底知れぬ迫力を感じさせることが必要。「セリフに頼らず佇まいで魅せる」という意味では、演技力以上に存在感の大きさが重要であり、それが草刈さんにはあるため視聴者を魅了できるのでしょう。

 来月には、東京へ向かう、なつとの切ない別れが描かれる予定で、そこでも草刈さんは名シーンを見せてくれるはずです。そのとき、「泰樹ロス」「草刈ロス」の声が飛び交うのは間違いありません。

コラムニスト、テレビ解説者 木村隆志

2/2ページ

最終更新:4/20(土) 20:50
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事