ここから本文です

札幌が横浜に3発快勝! チャナ、今季初弾で“サイコー”ポーズ! A・ロペスは得点ランク首位タイの6点目!

4/20(土) 14:56配信

SOCCER DIGEST Web

開始4分、カウンターから股抜き弾!

 J1リーグは4月20日、各地で8節の7試合を開催。札幌ドームでは、北海道コンサドーレ札幌対横浜F・マリノスの一戦が行なわれ、札幌が3対0で勝利を収めた。

 試合は、立ち上がりから札幌が仕掛ける。4分、中盤でボールを奪うと、アンデルソン・ロペスからのスルーパスにチャナティップが反応。ファーストタッチはやや乱れたが持ち直し、右足を振り抜くと、追いすがるDFの股を抜くシュートがゴールネットを揺らす。今季リーグ戦初ゴールを決めたチャナティップ。ゴール後にはお決まりの両拳を振り上げて“サイコー”と叫ぶポーズも飛び出し、札幌に流れを引き寄せる。

 札幌はさらに9分、A・ロペスがペナルティエリア手前でファウルを受けFKを獲得。これをスペシャリストの福森晃斗が左足で鮮やかな弧を描くシュートを決め、札幌が早くも2点のリードを奪った。

 横浜は17分にスルーパスに抜け出した仲川輝人がシュートを放ち、これにマルコス・ジュニオールが詰めネットを揺らすが、オフサイドの判定。ゴールを認められない。

 逆に札幌は29分、右サイドへの展開からルーカス・フェルナンデスがドリブルで仕掛け、高精度のクロスを供給。これがA・ロペスの頭にピタリと合い、札幌が3点目をゲットする。札幌が前半で3点のリードを奪った。

 後半はともにチャンスを作り出すも決め手を欠く展開。昨季札幌に在籍し、今季から横浜にレンタル移籍した三好康児もチャンスを活かし切れない。

 結局、札幌が3点のリードを守り、横浜相手に無失点勝利。2連勝で勝点を12に伸ばした。一方の横浜も勝点12で、得失点差も0で並んだが、得点数で札幌が上回っている。

最終更新:4/20(土) 14:56
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事