ここから本文です

興梠の一発で浦和がホーム初勝利!ビジャ、イニエスタ不在の神戸を撃破

4/20(土) 15:27配信

SOCCER DIGEST Web

開始10分に獲得したPKを自らゲット

[J1リーグ8節]浦和1-0神戸/4月20日(土)/埼玉
 
 J1リーグ8節の浦和レッズ対ヴィッセル神戸が20日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、1-0で浦和が勝利した。浦和は今季リーグ戦でホームゲーム初勝利。一方、監督交代で揺れる神戸は、3連敗となった。
 
 浦和は前節に続いて3バックを採用し、スタメンも全員同じ。対する神戸はダビド・ビジャとアンドレス・イニエスタが欠場し、GKは5試合ぶりにキム・スンギュが先発した。
 
 試合は開始早々に動いた。10分、神戸の大崎玲央が足を滑らせた隙を見逃さずに、興梠慎三がルーズボールをカット。ペナルティエリア内に進入し、深い切り返しでダンクレーのファウルを誘ってPKを獲得する。このPKを興梠が自ら沈めてリードを奪った。

【PHOTO】Jリーグを華やかに彩るチアリーダーたち!

 一方の神戸は後半立ち上がりの53分、セットプレーの流れで前線に残っていた大﨑が、エリア内でロングフィードを受けてフリーで決定的なボレーを放つ。しかし、シュートは大きく上に外れてしまう。その後も神戸はセルジ・サンペールやルーカス・ポドルスキを軸にゴールを狙ったが、決定打を打てないまま試合終了の笛を聞いた。
 
 試合後のフラッシュインタビューに登場した興梠は、「やっとホームで勝点3取れたということで嬉しく思います」とリーグ戦でのホームゲーム初勝利を喜びつつ、「もうちょっと内容をよくしたいと思います」と反省の言葉を添えた。

 浦和は前節のG大阪戦に続く2試合連続の無失点勝利。オズワルド・オリヴェイラ監督は、「相手は非常に質の高いチームだったが、我々は守備の部分がしっかりできた。それによって勝点3につながった」と手応えを口にした。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:4/20(土) 15:27
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事