ここから本文です

宮本ガンバがまたもホームで勝てず! 大分戦でショック療法を施すも早々にプランが崩れて…

4/20(土) 17:55配信

SOCCER DIGEST Web

後半にラッシュを仕掛けるも逆転弾を奪うには至らず

[J1リーグ第8節]G大阪 1-1 大分/4月20日/パナスタ

 宮本体制となってから初の3連敗を喫して後がないガンバ大阪は、開幕からレギュラーを張ってきたファン・ウィジョ、アデミウソン、小野瀬の3選手をベンチスタートとし、代わって渡邊、藤本、田中を攻撃陣に配備するショック療法に打って出た。かたや3位に付ける好調の大分トリニータは前節からスタメンを2名代え、オナイウが3試合ぶりの先発に復帰。両チームとも3-4-2-1システムでスタートした。

【PHOTO】G大阪を彩る美女チアリーダー『ガンバ大阪チアダンスチーム』!

 序盤からチーム全体の運動量で優る大分が、主導権を握る。前線からのフォアチェックを徹底し、素早くサイドに展開。ボール支配でも上回り、攻守両面で高い連動性を見せていく。

 かたや、守勢に回りながらも敵にチャンスを掴ませないG大阪は、虎視眈々とカウンターの好機を窺う。しかし19分、渡邊が右足首をひねってしまい、プレー続行が不可能となる。早々にファン・ウィジョを投入することとなり、宮本監督はゲームプランの修正を余儀なくされた。

 互いに腹の探り合いのような時間が続くなか、あっさりと均衡を破ったのが大分だ。25分、松本が右サイドから放った正確なアーリークロスにオナイウが鋭く反応。ダイレクトショットはGK東口にいったんは弾かれるも、そのクリアボールがふたたびオナイウに当たってゴールイン。G大阪の選手たちはそこでハンドがあったと猛抗議したが、ジャッジは覆らなかった。

 
 まるで反撃の糸口を見出せないホームチームは、後半頭から田中に代えてアデミウソンを投じ、システムも従来の4-4-2に変更。これによって中盤をコンパクトに保ち、本来のアグレッシブな守備を復活させた。ショートカウンターや敵陣深くでの崩しも見られるようになり、にわかに大分を押し込んでいく。

 61分に小野瀬をもピッチに送って交代カードを使い切り、ゴールへの強い意欲を示す。するとここから立て続けにビッグチャンスを掴み、69分にはファン・ウィジョの渾身ショットがバーを叩くなど、一気呵成の攻勢に転じる。そして71分、ついに同点に追いつく。相手選手のクリアが小さくなったところを遠藤がすかさずミドルで狙い、このボールが大分DFに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれたのだ。

 とはいえ、猛攻もここまで。フィニッシュの局面でのプレー精度を欠き、GK高木を軸とした大分の懸命のディフェンスに阻まれ、最後まで逆転ゴールは奪えなかった。終盤は逆に大分の反攻に遭い、あわやの場面を何度が作られた。

 試合は1-1でタイムアップとなり、リーグ戦の連敗を3で、ホームでの連敗を4で止めたものの、G大阪にとっては歯がゆさが残るゲームとなった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:4/20(土) 18:24
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事