ここから本文です

エースのジョーが2戦連発!名古屋、3試合ぶりの白星で暫定3位に浮上。磐田は今季2度目の連敗

4/20(土) 16:08配信

SOCCER DIGEST Web

[J1リーグ8節]名古屋1-0磐田/4月20日(土)/豊田ス
 
 J1リーグ8節の名古屋グランパス対ジュビロ磐田が20日、豊田スタジアムで行なわれ、名古屋が1-0で勝利した。
 
 決勝点を挙げたのは、エースにジョーだった。スコアレスで迎えた70分、ペナルティエリア付近でルーズボールを拾ったガブリエル・シャビエルが、浮き球のパスをエリア内に送る。このボールは相手に処理されるかに思われたが、磐田DFがクリアを空振りしてゴール前にボールがこぼれ、すかさず詰めたジョーが頭で押し込んだ。

【PHOTO】Jリーグを華やかに彩るチアリーダーたち!

 一方の磐田は失点後に荒木大吾、小川航基、ムサエフと次々に札を切って1点を狙いに行ったが、最終ラインの裏を狙うロドリゲスが、再三に渡ってオフサイドを取られてチャンスをモノにできない。それでも、90+3分、フリーでクロスに合わせたロドリゲスが、決定的なヘディングシュートを放つ。しかし、これは惜しくもポストを直撃。フラストレーションを溜めたロドリゲスはこのプレーの直後にポストを蹴り、2枚目の警告で退場になった。
 
 結局、そのまま試合は1-0で終了。名古屋が3試合ぶりの勝利で勝点を16に伸ばし、暫定3位に浮上した。敗れた磐田は、前節の静岡ダービーに続く黒星で、今季2度目の連敗を喫している。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

最終更新:4/20(土) 16:08
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事