ここから本文です

変貌するイタリア代表への「好印象」【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

4/20(土) 23:23配信 有料

SOCCER DIGEST Web

新指揮官が重きを置くのはテクニックとファンタジア

マンチーニ監督は技術と創造性を持った選手を集め、ボールと主導権の支配に重点を置いた攻撃サッカーを志向。イタリア代表に小さくない革命を起こしている。(C)Getty Images

 EURO2020の予選で2連勝と好発進したイタリア代表。初戦の貴重な先制点を決めた22歳のMF、2試合連続ゴールの19歳のFWなど若手の躍動に加え、伝統とは一線を画した攻撃的なスタイルでも好印象を残している。(文:マウリツィオ・クロゼッティ・訳:片野道郎 2019年4月4日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック イタリア』を転載)

―――◆―――◆―――

「新しいイタリア代表」が、もしかしたら本当に誕生したのかもしれない。2018年5月の代表監督就任からおよそ10か月の時を経て、ロベルト・マンチーニは最初の目標であるEURO2020の予選突破に向けて、正しい第一歩を踏み出した。

 大会史上初めてヨーロッパの国をまたいだ主要都市(12か国12都市)で開催される今回のEUROだが、開幕戦はローマが舞台になると決まっている。イタリア代表が不在などという事 本文:4,803文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:4/21(日) 0:00
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る