ここから本文です

【MLB】大谷翔平、復活予感の“岩山直撃弾”に米ファン驚き「152メートルは飛んでいる」

4/20(土) 19:33配信

THE ANSWER

打撃練習中に放った豪快弾を米記者撮影、ファンから「152mは飛んでいる」の声

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が19日(日本時間20日)、本拠地マリナーズ戦の試合前練習で打撃練習を行った。右肘手術後、初めて公開形式で行われた本格的なバッティング。早速、柵越えを披露したが、米記者はエンゼルスタジアムお馴染みの岩山に打ち込んだ豪快な一発を動画付きでレポート。「彼のパワーはいまだに健在だ」と唸っている。

【動画】この一発に復活予感!? 「152メートルは飛んでいる」と米ファン驚き…アルダヤ記者が撮影した“岩山直撃弾”の実際の瞬間

 帰って来た大谷が早速パワーを見せつけた。豪快な一発を披露しているのは、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者だった。打撃練習中、左打席に立った大谷はコンパクトに振り抜き、弾き返した。しかし、軽やかなスイングとは対照的に打球はぐんぐん伸びる、そして――。白球は中堅左のフェンスを越えてしまった。

 本格的な打撃練習の再開直後とは思えないパワー。同記者は「ショウヘイ・オオタニが岩へ打球を飛ばす」とつづり、エンゼルスタジアム名物「ロックパイル」まで飛ばしたとレポート。「彼のパワーはいまだに健在だ」と唸った。目の当たりにした米ファンも「なんたる目の保養」「約500フィート(約152メートル)は飛んでいる」と驚きを隠せなかった。

 エンゼルス公式インスタグラムも打撃練習した動画を上げており、こちらも「本当に彼が必要……」「いつ復帰するんだ」「お帰りなさい、ショウヘイ」「彼は毎日打線に入るべき」「私たちを救って、オオタニ」と苦境に陥っているチームとあって復帰を待ち望む声が続々上がっていた。実戦復帰は5月とみられるが、早くも大きなインパクトを残していた。

THE ANSWER編集部

最終更新:4/20(土) 19:33
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事