ここから本文です

鈴木京香の語りで新天皇陛下と新皇后雅子さまの感動エピソードをひもとく

4/20(土) 5:00配信

ザテレビジョン

鈴木京香の語りで数々の感動秘話をひもとく「『令和』新時代スペシャル 新天皇陛下と新皇后雅子さま~美智子さまから受け継がれる想い~」(夜7:00-8:54、BS朝日)が、新元号「令和」初日の5月1日(水)に放送される。

【写真を見る】語りを務める鈴木京香は「平成という時代の総復習ができたような気持ちです」と言う

幼少期から海外生活を送られて、才女の誉れ高かった雅子さまのハーバード大学からキャリア外交官へという華麗な経歴や、美智子さまに続く民間出身の皇太子妃としての注目を集めてきたお姿。

新天皇陛下と夫婦二人三脚で歩んでこられた“新天皇皇后への道”を、皇太子さまからのプロポーズ秘話を交えながらたどる。

2018年5月に開催された全国赤十字大会に、名誉総裁として最後のご出席となった美智子さま。

雅子さまは副総裁として15年ぶりのご出席。その場で参加者が目にしたのは、退場される際、美智子さまが雅子さまの右腕に触れて、会場に紹介するようなしぐさをされた光景だった。

鳴り止まない会場からの温かい拍手、それはまさに“感動のロイヤル・バトンタッチ”。

多くのご公務を受け継がれる雅子さまの姿、国民に寄り添われ続ける皇后としての“慈愛の心”を数々の感動エピソードでひもといていく。

また、皇族として初の海外留学を経験された皇太子さまは、長年研究を続けてこられた「水問題」で世界に貢献しようとされている。

雅子さまも、元外交官の経験を生かされた「国際舞台での活躍」に期待が寄せられている。

お二人が築かれる“新たな天皇皇后像”とは、どんなものなのか。

■ 鈴木京香コメント

映像を見ながらナレーションを読ませていただきましたが、さまざまなことが思い出され、平成という時代の総復習ができたような気持ちです。

昭和、平成と時代が変わっても、私たちに向けてくださる美智子さまのお優しさは変わりません。その慈愛の心が雅子さまに受け継がれていくさまは、おこがましいことですが、同じ女性として胸に迫るものがありました。

新しい時代「令和」を迎える第一日目、ぜひたくさんの方々にご覧いただきたいと思います。

■ 遠藤行泰プロデューサー コメント

BS朝日では2時間の皇室スペシャル番組を過去5年半あまりに30本制作しました。

「令和」に改元となる当日夜のゴールデンタイムに今回の番組を放送できることを誇りに思うと共に、皇室番組を作り続けてきた私たちの使命とも思っています。

ナレーションは女優の鈴木京香さんにお願いしました。鈴木さんは、まさに平成と共にデビューし、トップランナーとしてテレビドラマや映画などで活躍されています。

「令和」の時代になっても、さらに新しい感動を私たちに与えてくださると思います。

また、新たに皇后になられる雅子さまと同時代を生きてきた鈴木京香さんこそ、美智子さまから雅子さまに受け継がれる思いを、同じ女性として温かく優しい声で語っていただけると思いました。

(ザテレビジョン)

最終更新:4/20(土) 5:12
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事