ここから本文です

桐山照史「1000年に一人」と才能を見初められ、霜降りせいやと“免許皆伝”を目指す

4/20(土) 7:00配信

ザテレビジョン

南原清隆、桐山照史、永島優美アナがMCを務める土曜プレミアム「ホンキで弟子入り!免許皆伝」(4月27日[土]夜9:00-11:10、フジテレビ系)にて、桐山が、霜降り明星のせいやと共に、こまの免許皆伝に挑戦する。

【写真を見る】桐山照史、せいや(中央)の“師範”こまのたけちゃん(左)と、せいやの挑戦を見守ってきた粗品(右)

同番組は、現在まで脈々と受け継がれている伝統の技の師範に、選ばれし芸能人たちが弟子入り。本気で奥義の習得に挑戦をするドキュメントバラエティー。

せいやと桐山は、「全日本こま技選手権」4連覇の“こまのたけちゃん”の教えの下、「的入れ」「ヒモ掛け手乗せ」「つばめ返し」の3つの技を習得し、初伝認定を目指す。

せいやは、桐山よりも先に挑戦をスタート。しかし、ほとんどこまになじみがなくヒモすら巻くことができない。そこで、こまの投げ方から教わることに。

初伝の技など到底できそうにない空気が漂うも、それから1カ月間、芸人として超多忙な中、毎日200回もこまを投げ続けた。最初はできなさ過ぎてカメラの前で取り乱すこともあったせいやだったが、徐々に上達。

必死で懸命なせいやの姿に相方の粗品も「M-1のネタをバチバチに仕上げていた時の表情。こんなせいやの顔は久しぶりに見ました」とコメント。

■ 初伝認定の試験へ

一方、桐山はせいやから2週間遅れて練習を開始。久しぶりにこまを手にするという桐山だが、師範に「1000年に一人!」と言わしめるほどのセンスを見せる。

そして、初伝認定の試験当日を迎えた二人。実はせいやは、桐山もこまに挑戦していることを知らされておらず、対面して仰天。

しかしこまの難しさや楽しさを知っている二人の心はすぐにつながり、せいやは「二人で(初伝をクリアした後の)同じ景色を見たい!」、桐山は「努力は裏切らないということを見せたい!」と意気込む。想像以上の緊張に手汗が止まらない中、二人は技を披露する。

この他、塚田僚一(A.B.C-Z)は居合いに挑戦。真剣でロウソクの火を消せるか、どれだけ畳表を速く斬れるかといった、前回「FNS27時間テレビ にほんのれきし」(2017年9月9日、フジテレビ系)内での“免許皆伝”よりも、さらに実践的な居合いに挑む。

また、藤田朋子は、習得するのに平均で2年はかかるという伝統工芸“薩摩切子”、松田丈志は、素潜りで海中を泳ぎ、水中銃で魚を仕留める漁法“スピアフィッシング”の免許皆伝を目指す。(ザテレビジョン)

最終更新:4/20(土) 7:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン21号
5月15日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事