ここから本文です

今年2月にオープンし、早くも話題沸騰中! いま最もフォトジェニックなイタリアンは神保町にあった!

4/20(土) 5:20配信

東京カレンダー

2019年にオープンし、すでに話題になっている注目店を総力取材!

まずは今年2月、神保町にオープンしたイタリアン『ALTER EGO』。

杉玉が印象的な一軒家は、かつて屈指の名店があった場所。

カウンター7席のみのこちらが、楽しく、美味しいと話題だ。

根底にあるのはゲストを喜ばせたいという、シェフの情熱。思わず、誰かに伝えたくなる仕掛けとは?

昨今、日本でも定着しつつあるイノベーティブレストランは、〝SNS映え〞の宝庫。

『ALTER EGO』は、まさにそんな店の中でもひと際輝きを放つ店であり、事実SNSでも話題となっている。ディナーは¥16,200のコースのみ。

日本のレストランには珍しく、緑色を基調にした店内。全席がシェフズテーブルのカウンター7席からなる。

さて、どんな料理で愉しませてくれるのだろうと目を輝かせて待っていると、目の前に差し出されたのは可愛らしいピザボックス。

蓋を開けると、ピザのような前菜が。そんなサプライズは名刺代わりと言わんばかりに、華やかな料理が続く。

まぐろを生ハムで巻いていただく一品や、手でもってガブリといただくカルピオーネ、〆にはムービー必至の卵かけごはんと、意外性と趣向溢れる料理ばかりで、最後の一皿まで驚きと笑顔が絶えない。

一口食べると、どの料理も、日本ならではの素材をシンプルに活かし、素材の香りや旨みを引き出している。

それもそのはず。同店は、イタリア・ミラノにある一ツ星レストラン『Ristorante TOKUYOSHI』のオーナーシェフ徳吉洋二氏の手掛ける2号店。そして彼のALTER EGO(分身の意)となり、ここ日本で料理を提供しているのが、その店でスーシェフを務めていた平山秀仁氏。

食材探求力に定評のある彼の情熱の詰まったクリエイティブには、「びっくり!」や「楽しい!」が詰まっている。

料理の斬新さと話題性も手伝って、自身のSNSで紹介すれば、いつも以上の反響があるはずだ。

このお店は、ミラノの星付き店『Ristorante TOKUYOSHI』の2号店

イタリア『オステリア・フランチェスカーナ』でスーシェフとして活躍後、独立し写真の『Ristorante TOKUYOSHI 』を開いた徳吉氏。

同店は開店からわずか10ヵ月でミシュラン一ツ星を獲得。常に新しい味を追求する彼の料理を、日本の食材とともに表現する場として誕生したのが、『ALTER EGO』なのだ。

東京カレンダー株式会社

最終更新:4/20(土) 5:20
東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2019年8月号
6月21日発売

定価800円(税込み)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事