ここから本文です

年金繰り下げ受給を選択した人が忘れがちな「特別支給の受給漏れ」

4/21(日) 7:00配信

マネーポストWEB

 65歳を過ぎているが、受給年齢を繰り下げて年金を増やそうと考え、まだ請求手続きをしていない人には、「もらい忘れ」のリスクがある。

 現在、65歳以上のサラリーマン経験者は全員、65歳になる前に厚生年金の特別支給、いわゆる「得する年金」をもらえる世代だ。

 この世代で「私は繰り下げを選んだから、年金をもらったことがない」というサラリーマンOBは、特別支給の受給漏れがある可能性が高い。つまり「年金を取り戻せる」人たちだ。「年金博士」こと社会保険労務士・北村庄吾氏が語る。

「特別支給を何歳からもらえるかは生年月日で決まる。年金機構から通知がくるが、『年金は65歳から』と思い込み、手続きしていない人が少なからずいるのです」

 特別支給をもらい忘れている人が、65歳を迎えると、「年金請求書」ではなく、「年金の請求手続きのご案内(未請求者用)」が送られてくる。65歳から年金をもらう手続きをする人は、この時に受給漏れに気がつけるが、繰り下げを選んだ人は、案内が送られてきても放置してしまっている可能性があるのだ。

 たとえば、現在66歳(1953年4月2日生まれ)の男性は61歳から特別支給がある世代だから、「繰り下げ中で年金を受け取ったことがない」という人は4年分の特別支給が未支給だ。金額は、勤続40年の標準モデル年金なら月額約10万円、4年分で480万円になる。

 年金事務所で申請すれば、遡って一括で支払われるが、5年を過ぎると時効なので、気が付いたら即、行動に移す必要がある。

※週刊ポスト2019年4月19日号

最終更新:4/21(日) 7:00
マネーポストWEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

あわせて読みたい