ここから本文です

野田浩司が驚異の19奪三振もチームは……(1995年4月21日)

4/21(日) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は1995年4月21日だ。

 名物の東京湾からの強風が吹き荒れ、マウンドでは強烈な逆風となっていた千葉マリンのロッテ戦が大記録の舞台だった。オリックスの野田浩司のなかで、この試合に懸ける思いもあった。前回の登板、15日の西武戦で2回8失点と屈辱のKO。そこからフォームを修正し、挑んだ試合だった。

 初回からすさまじいペースで三振を奪う。逆風で、フォークがえげつないほどの変化をしたこともプラスした。野田も途中から三振を数えてはいたが、記録を意識したのは7回に16個目を取ってからだという。接戦だったし、それほど、とにかく勝ちたい気持ちが強かった。

 1対0とオリックスのリードで迎えた8回裏だった。平野謙をフォークで空振り三振。史上最多18奪三振を達成した。従来は62年に足立光宏(阪急)がつくり、90年の野茂英雄(近鉄)、野田自身も94年8月12日の近鉄戦で記録している17だ。

 しかし、勝利目前の9回裏、センターライナーに突っ込んだ田口壮が打球を後逸し、三塁打。走者がかえって同点に追いつかれた。その後、満塁策を取り、二死で再び平野から19個目の三振を奪ったが、このときはサヨナラのピンチ。三振はまったく頭になかったという。

 10回裏、代わった平井正史が打たれ、最後は犠牲フライでチームはサヨナラ負けとなってしまった。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:4/21(日) 7:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事