ここから本文です

楽天・銀次が急きょ捕手で出場。こういう采配は絶対に避けてほしいです【デーブ大久保 さあ、話しましょう!】

4/21(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

銀次は、捕手としてワンバン処理の練習を長くやっていないはずですし、もしその処理を失敗してケガしたら……チームに大きな痛手ですよ。もう少し考えてほしかったです/写真=BBM

 監督の采配に関し、これはやってはダメということがあります。それは選手が故障をするリスクを高める采配です。今回のこの起用は、到底容認できないですし、悲しい気持ちにもなっています。

 と、いきなり怒ってしまったのですが、その相手は楽天の平石洋介監督です。4月7日のオリックス戦(京セラドーム)で、9回同点に追いついて延長に入り、内野手登録の銀次が緊急で捕手を務めました。私はどうしても納得できません。

 まず基本中の基本ですが、捕手を2人だけの登録にするなら、正捕手は、何があっても試合の最後まで出場させることが大原則です。つまり第2捕手はあくまでもバックアップ。正捕手がケガをしたときなど、不測の事態でマスクをかぶるという存在。しかも一度代わったら、試合の最後まで守り抜かせないといけないのです。

 平石監督は、3月に1度だけ・・・ 本文:1,199文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:4/21(日) 10:00
週刊ベースボールONLINE