ここから本文です

NMB48加藤夕夏の週末妄想デート「年下の子は……経験がないので想像できないですね」

4/21(日) 16:00配信

エンタメNEXT

日曜日のお昼は、NMB48の3期生 “うーか”こと加藤夕夏と、さまざまなシチュエーションで妄想デートを楽しんじゃおう! 『月刊エンタメ』に掲載されていた人気企画をリバイバル連載。第5回は、アイドルになった先輩うーかが、久しぶりにダンス教室にやってきて……という”憧れの先輩”編。

【関連写真】「飲みかけだけど…いい?」加藤夕夏とダンス教室デートグラビア

──今回の撮影は後輩に憧れられる設定でした。

加藤 年下の子を可愛がるという経験は学校の部活とかでもなくて、NMB48に入ってからなので、さらにそれが男の子だったら……何か想像できないですね。メンバーの子同様に分からんことあったらすぐに教えたり、おせっかいな感じがでちゃうのかなと思います(笑)。

──飲み物をあげたりとかは?

加藤 ダンスを習っていたときは、飲みまわしとか普通にやってたのでお互いに気にならないと思いますけど、今となっては男の子にあげるとかできないですね。

──そういうのを気にしないでできちゃう子もいますよね?

加藤 ちょっとあざといかもしれないけど、自分からグイグイいく肉食的な部分はあってもいいのかもしれないですね。私は、もし気になってる相手に対してでも、向こうが嫌じゃないか気にしてできないと思います(笑)。

──ダンスを始めたのは?

加藤 小学3年のときからです。もともとお母さんの勧めでCMのオーディションを受けたことがあって、そのときは落ちてしまったんですけど、そのご縁で演技を習い始めて、ミュージカルに出させてもらうことになったんです。で、ダンサーの方たちのパフォーマンスを見てめっちゃ感動してしまって。”ダンスを習わせてほしい”ってお母さんに頼んで、それからはダンス一本でしたね。

──それがNMB48に入るきっかけにもなったと?

加藤 安室奈美恵さんや倖田來未さんみたいに歌って踊れるアーティストさんに憧れて、だんだん自分もステージで踊ることが目標になってきたんです。でも、ダンスを一度やめちゃったことがあるんですよ。友達がみんなやめてしまって。そのときに、NMB48の3期生のオーディションがあるのを知って、やっぱりダンスをやりたいし、大きなステージに立てるかもしれないと思って受けたんです。ダンスを始めたことが今の自分につながってるんだなあって思いますね。

▽加藤夕夏(かとう・ゆうか)
1997年8月1日生まれ、大阪府出身。A型。163センチ。NMB48 3期生。チームBII所属。ニックネームは「うーか」。好きな食べ物は焼き肉、プリン、チーズケーキ。趣味は音楽を聞くこと、身体を動かすこと。特技はダンス、ピアノ。

月刊エンタメ編集部

最終更新:4/21(日) 16:00
エンタメNEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事