ここから本文です

もはやコンパクトカーは存在意義を失う! それほど完成度の高いイマドキ軽自動車4選

4/21(日) 11:40配信

WEB CARTOP

新発売の2台が採用した上級車クラスの装備は圧巻

 今、軽自動車が熱い。日本独自のカテゴリーとはいえ、各社が熾烈な争いを繰り広げているのだ。何しろ、2017~18年の2年連続、日本で一番売れたクルマは、軽自動車のホンダN-BOXなのである。

バカ売れN-BOXさえいなければヒットした軽自動車5選!

 しかも、軽自動車は「軽自動車だからこそ」と、いち早く、先進安全支援機能を搭載。今では多くの新型車に先進安全支援機能が搭載されている。さらに、デザイン、内装の質感、走行性能、乗り心地、動力性能(ターボ)、さらには先進の通信機能に関しても、下手なコンパクトカー真っ青なのが今どきの軽自動車なのである。

 ここでは、そんな「コンパクトカーなんていらない!?」と思わせるほどのイケてる軽自動車を4台紹介しよう。

1)日産デイズ

 日本の軽自動車の革命! と言えるのが、今春デビューした日産デイズ。日産が初めてイチから作った軽自動車だが、とくにハイウェイスターのセレナを思わせる顔つきの迫力、存在感、ツートーンカラーのスタイリッシュさ、ソフトパッドさえ用いたインテリアのデザイン、質感の高さもさることながら、全車マイルドハイブリッドとなる、ターボモデルの1リッター級コンパクトカーをしのぐ動力性能、走りや乗り心地の良さには圧巻、脱帽だ。そして同一車線内半自動運転機能のプロパイロットまでハイウェイスターに用意。まさに下克上軽自動車である。

 それだけじゃない。新型デイズは専用ナビを付けることで、オペレーターサービスが使え、走行中、ナビの設定や行きたいスポット探しなどをオペレーターにお願いし、設定までしてくれるのだ。さらにヘルプネットにも対応し、エアバッグが展開するような場面では、ヘルプネット専任オペレーターから呼びかけがあり、それに応じない(意識がないなど)場合は、救急、警察、場所によってはドクターヘリの要請まで行ってくれるのだ。運転初心者はもちろん、シニアなドライバーにとって、これほどの安心はない。

 通信機能やヘルプネットはまだ国産車でも高級車、上級車に限られる機能、装備。それを軽自動車に採用した日産の英断には頭が下がる思いだ。ちなみに日産コネクトナビによる通信サービスは無料。ここもまた、うれしいではないか! コンパクトカーではまだ用意されていないことが多いサイド&カーテンエアバッグまで全車標準ともなると、コンパクトカーを選ぶ理由が見つからなくなるぐらいである。

1/3ページ

最終更新:4/21(日) 13:02
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事