ここから本文です

【失敗しないファンデ選び】色の選択ミスを防ぐには「フェイスライン」でチェックを! [VOCE]

4/21(日) 21:10配信

VOCE

季節や肌のコンディションに合わせてファンデーションを変えることはとても大切。でも、ファンデーションの種類によってどんな特徴があるのか、どう選べば良いのか、イマイチわかっていない人も多いのでは? そこで今回は、自分にぴったり合うファンデーション選びのコツと使い方のポイントをご紹介します!

まずはファンデーションの種類をおさらい

【パウダーファンデーション】
パウダーを押し固めた、油分の少ないファンデーションです。

スポンジに取ってさっと塗るだけの手軽さが魅力で、コンパクトケースに入っているので持ち歩きにも便利です。さらりとナチュラルに仕上がりますが、カバー力や保湿力にやや欠けるので、肌色補正力や保湿力の高い化粧下地と組み合わせるのがおすすめ。

カバー力:★★★☆☆
崩れにくさ:★★★☆☆
手軽さ:★★★★★
保湿力:★★★☆☆
合う肌質:普通肌~脂性肌

【リキッドファンデーション】
パウダーと水分、油分を混ぜ合わせた、液状のファンデーションです。

伸びが良く肌にしっかり密着し、保湿力やカバー力が高いのが特徴。トラブルを隠しながら肌をつややかに見せてくれますが、皮脂が多い部分はテカリが気になることも。仕上げにフェイスパウダーを重ねると崩れにくくなります。

カバー力:★★★★☆
崩れにくさ:★★★★☆
手軽さ:★★★☆☆
保湿力:★★★★☆
合う肌質:乾燥肌~普通肌

【クリームファンデーション】
リキッドファンデーションよりも油分の多い、クリーム状のファンデーションです。

こっくりとした感触でカバー力と保湿力に優れているので、乾燥した肌や年齢を重ねた肌、秋冬シーズンに適しています。リキッドファンデーションと同様、フェイスパウダーを重ねると崩れにくくなり、いっそう隙のない仕上がりに。

カバー力:★★★★★
崩れにくさ:★★★★☆
手軽さ:★★☆☆☆
保湿力:★★★★★
合う肌質:乾燥肌

【エマルジョン(固型乳化)ファンデーション】
リキッドファンデーションやクリームファンデーションを流し固めたファンデーションです。

スポンジに取ると液状になり、肌に伸ばすと液状からパウダー状に変わって密着します。パウダーファンデーションのようにスポンジで塗れて持ち運びやすい上、リキッドタイプやクリームタイプの持つカバー力や保湿力も兼ね備えています。

カバー力:★★★★☆
崩れにくさ:★★★★☆
手軽さ:★★★★☆
保湿力:★★★★☆
合う肌質:乾燥肌~普通肌

この他にも、サラサラのパウダー状のルースファンデーションや、肌に直接塗れる固形のスティックファンデーションなどがあります。

1/3ページ

最終更新:4/21(日) 21:10
VOCE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

VOCE

講談社

毎月22日発売

670円

「キレイになるって、面白い」。
コスメ好きさんのための、
最新美容情報が盛りだくさん!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事