ここから本文です

アボカドって植物学的には果物。「森のバター」をもっと楽しく食べる雑学

4/21(日) 12:11配信

ライフハッカー[日本版]

わたしが子どものころには売っていなかったけれど、いまでは日本でも手軽に買えるようになったアボカド。

【記事の動画】アボカドって植物学的には果物。「森のバター」をもっと楽しく食べる雑学

栄養価が高くて、おいしくて、いろいろな料理に使える人気の食材です。

英語では、スペイン語からのavocado(アボカド)のほかにalligator pearという呼び名もあり、日本語では鰐梨(ワニナシ)という名前もあります。

そんなアボカドのいろいろをまとめてみました。

ヘタでも完熟度がチェックできるんだって

熟度がちょうどいいとすごくおいしい一方、若すぎたり熟し過ぎるとお手上げのアボカド。

その完熟度はどうやってチェックしていますか。

普通は皮の色や硬さを見ると思いますが、動画「アボカド驚きの事実9つ」に完熟度をチェックする簡単な方法が紹介されていました。

ポイントはヘタ。ヘタが簡単に取れその下が緑色なら食べごろ。

ヘタが固くて取れないものは若すぎ、ヘタの取れた跡が茶色いものは熟しすぎているそうです。

この方法は知りませんでした。購入後にどれだけ熟しているかを自宅でチェックするときに使える技ですね。

アボカドは果物、しかもベリー類

アメリカ合衆国農務省の分類では野菜になっているアボカドですが、植物学的には果物。

そう言われてみたら、種があって果肉が食べられるから果物というのは理解できるけれど、ベリー類だとは知りませんでした。

Spoon Universityによると、ブラジルではアイスクリームに添えてデザートとして食べられることも。ベリー類だったら、それもありですね。

大きさは味や完熟度とは関係なし

California Avocado Commissionでは、アボカドのサイズは完熟度や味とは関係ないと述べられています。

種は実の大きさに比例して育つので、種と実のサイズの比率はどのアボカドでもだいたい同じなのだそうです。

たしかにわたしの経験でも、丸々とした大きなアボカドには丸くて大きな種が入っている傾向がある気がします。

種が小さめ、つまり実の比率が高めのアボカドを選ぶには、こちらの記事にあるように楕円形のものを狙ってみるといいかもしれません。

1/2ページ

最終更新:4/21(日) 12:11
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事