ここから本文です

Xリーグ春シーズン開幕 オービックがクレーンズに圧勝

4/21(日) 12:27配信

ベースボール・マガジン社WEB

アメリカンフットボールの「Xリーグ」は4月20日から富士通スタジアム川崎で、春季シーズンが開幕。東日本社会人選手権「パールボウル」トーナメントの1次リーグ戦が始まった。
第1試合はオービックシーガルズがAFCクレーンズに78-0で大勝した。

【この記事の写真】オービックシーガルズ○78-0●AFCクレーンズ(4月20日、富士通スタジアム川崎)

オービックシーガルズ○78-0●AFCクレーンズ(4月20日、富士通スタジアム川崎)

 オービックは、試合開始のキックオフでWR木下典明が94ヤードのリターンタッチダウン(TD)、さらにオフェンスが手を緩めずに、新主将となったRB地村知樹、QB菅原俊のランでTDを重ね、一方的な展開となった。オービックは地村が65ヤード3TD、望月麻樹が105ヤード2TDとRB陣が活躍。ディフェンスもタックルフォーロスを連発して、クレーンズの攻撃を-2ヤードに抑え込み、圧勝した。
 BULLSフットボールクラブの自主降格によって、X1エリアに昇格したクレーンズは、5シーズンぶりのトップチームとの対戦は厳しい結果に終わった。

アメリカンフットボール・マガジン編集部

最終更新:4/21(日) 12:27
ベースボール・マガジン社WEB

ベースボール・マガジン社WEBの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事