ここから本文です

【RIZIN】モー「日本には堀口恭司、那須川天心、井上尚弥と世界最高のファイターが3人いる」

4/21(日) 14:08配信

ゴング格闘技

4月21日(日)『RIZIN.15』神奈川・横浜アリーナ大会にて、初代RIZINライトヘビー級を決めるタイトルマッチが行われる。

【写真】レスリングで高い実績を誇るモーは、ボクシングマニアでもある。

2015年12月31日以来の再戦。キング・モーはRIZIN旗揚げのグランプリ決勝戦でイリー・プロハースカを倒して見事優勝。プロハースカはその敗戦後、怪我もありながら7連勝で3年越しとなるリマッチにこぎつけた。

ライトヘビーの王座がかかる一戦。モーは元アメリカナショナルチーム在籍のレスリングをベースに巧みなボクシングを組み合わせてトップファイターとなった。大舞台で培ってきた経験と試合運びも強みだ。

対するイリーは若さと勢い、そして爆発力が持ち味。元Bellator世界ミドル級王者ブランドン・ホールジーを1R TKOに下すなどすでにワールドクラスの実力も持ち主だ。

モーはジャブで距離を制し、ボクシングにテイクダウン、あるいはテイクダウンのフェイントを合わせてイリーのペースを崩しにくるだろう。イリーはいかにテイクダウンさせず、されても立って戦えるか。しかし、スタンドではモーのボクシングが待っている。とすれば、そこにイリーは跳び道具も合わせられるか。老獪さ際立つGP王者か、勢いに乗る“怪鳥”か。初代RIZINライトヘビー級王者を決定する時が来た。

キング・モー「ヤツは時々無茶をする」

▼第12試合 RIZIN ライトヘビー級タイトルマッチ 93kg契約 5分3R ヒジあり
キング・モー(92.15kg/米国)
イリー・プロハースカ(93kg/チェコ)

◆キング・モー「出来る限り一方的にダメージなく終わらせたい」

──今回のコンディションは?

「すごくいい。怪我もあったけど今は治って気分がいいよ」

──イリー・プロハースカをどう感じていますか?

「若くて大きくてアグレッシブでキックボクシングが強い。ただ、時々無茶をすることがあるので、それは俺に対しては危険だと分からせてやるよ」

──「無茶をする」というのはプロハースカの跳びヒザ蹴りのこと?

「跳びヒザもそうだし、ヤツは大きくて若くて怖いもの知らずだから深追いしてくるんだ(※前戦でプロハースカが圧力をかけて追ってきたところをモーが下がりながら右ストレートでKO)。そこを見つけて仕留めたい」

──再戦になるが?

「前回のように、少し速く勝ちたいと思ってるけど、フルラウンドでも戦い抜きたい。クレバーな試合をしたいね」

──ここ2戦で連敗だが敗因は?

「自分としては1戦目(2018年5月12日にライアン・ベイダーに1RKO負け)はたまたまだと思っている。2戦目(2018年12月16日にリアム・マクゲリーに3RKO負け)は首の怪我もしていたし、手の感覚がなかったんだ。いまは整体師がついてくれて体調は万全だよ。日本ではケン・ヤマモトがよくしてくれた。感謝しているよ」

──ATTからは堀口恭司選手とともに参戦になるが?

「いつも一緒にウェイトトレをしたり、ジョークを言い合っている(笑)。真面目な話、キョージはあの階級で世界のベストファイターだと思う。日本にはあのクラスで、キョージ(堀口恭司)、テンシン(那須川天心)、ナオヤ・イノウエ(井上尚弥)と、世界最高のファイターが3人いるね」(※モーはボクシングマニア)

──この試合にベルトが賭けられたが?

「ライトヘビー級王座戦はクレイジーファイトになるだろう。出来る限り一方的にダメージなく終わらせたい。このベルトを米国に持ち帰って、要請があれば日本で防衛戦をするよ」


◆イリー・プロハースカ「前回のミスを洗い直した」

──今回のコンディションは?

「素晴らしいコンディションです。この試合にむけて集中してやってきました」

──対戦相手のキング・モーについては?

「まだ会っていないし、相手について気に掛けるより、試合に集中したい。どういう仕掛けをしてくるにせよ、彼の戦いを目の前でとらえ、戦略を理解し、ミスをとらえ、何よりも自分自身の戦いに集中したいです。KOして勝ちたいです。リヴェンジ戦なので」

──テーマを持って練習してきたことは?

「前回負けているので、過ちを意識して練習してきました。スウェーデンでアレクサンダー・グスタフソンとトレーニングし、主にレスラーと、さらにグラップラーと練習をしてきました」

──試合の展開をどう予想している?

「ただ勝ちたい。それだけです」

──髪型とヒゲの変化については?

「いつも戦闘態勢の髪型でしたが、チェコにいるときも一人の人間として、このような恰好になっています。いまは自分の生き方のなかに試合もとらえています」

最終更新:4/21(日) 14:08
ゴング格闘技

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ゴング格闘技

ジャパンコンテンツマネジメント

ゴング格闘技
2019年5月23日発売

定価 本体1,111円+税

【特集】世界を揺らせ&平成格闘技を総括
■堀口恭司×朝倉未来スパーリング対談
■武尊×不可思が盟友対談
■誰も知らない那須川天心

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事