ここから本文です

嵐 松本潤、小栗旬との友情は『花男』から始まった?「『ごくせん』の時、超仲悪かった」

4/21(日) 10:51配信

リアルサウンド

 4月20日の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)では、「ケインコスギ 洋食グルメデスマッチ」「MJ倶楽部 春のお花見クルージング」「隠れ家ARASHI」が放送された。

 MJ倶楽部に登場したのは、古田新太とKing & Prince・永瀬廉。最高のソーセージを自分たちで作り、お花見をする「お花見ソーセージ」を実施する。顔を合わせると飲んでいる仲だという松本潤と古田。古田のテリトリーである三軒茶屋で松本、木梨憲武、小栗旬が古田を探す旅を行ったこともあるという。「ガチャって開けて『すみません。古田新太さんいますか?』を1時間くらいやって、古田さんいて『ビンゴ!』って。携帯持ってないんですよ」と仲睦まじい関係性を見せた。その後に姿を見せた永瀬には、MJ倶楽部会員として認めるためにオーディションをすることに。古田は「一番苦手なジャニーズの先輩のモノマネ」をリクエスト。「そういうのやるタイプじゃないんだけどね。King & Princeの中では」と松本が補足した上で永瀬はモノマネを開始。すると早々に松本が「俺じゃねぇか!」と蹴りを食らわせ、「絶対入れねぇ」と笑みを浮かべながら告げていた。

 3人は「世界一の肉の目利き」といわれるユーゴ・デノワイエ氏が手がける精肉店「ユーゴ・デノワイエ」へ。しかし、ここで松本が現在ライブツアー中のため、「僕、今脂控えてて」とストイックモードであることを話す。「超ストイックに脂質のないソーセージを作ってみよう」と脂質の少ない「梅山豚」の肩ロース、フランス牛の「グラスフェッドビーフ(ランプ)」を選択。それぞれ価格は肩ロースが1200円/100g、ランプが3150円/100gと超高額。恒例の自腹じゃんけんの末、松本が24246円分の肉を購入することとなった。

 屋形船で行く「お花見クルージング」を堪能するため、芝浦に向かう一行。その道中では、古田が「学生役をやったことがない」という話題を発展させ「クラスの仲間とか仲良くなる?」と質問。それに松本は「俺、『ごくせん』とかもやってたし、仲良くなる人と仲良くなくなる人がいるね。みんなイキってるわけですよ。その時に一緒にいた小栗旬は『ごくせん』の時、超仲悪かった。だから『花より男子』やって、ようやくって感じだよ。それまで仲良くなかった」と明かし、2人を驚かせた。

 永瀬は「落ち着いた子が多いですよ。イキった子っていうのは分からないです」と世代を代表して話すが、松本はそれに「意外とみんな持ってるぜ、実は」と告げる。古田は「潤とか旬の世代、俺たちから見たらすごく頼りになった。自意識が高くて、この作品をなんとかしようと考えている人間が多かった。特別な世代」と称賛していた。

 次回の放送では、「廃校に取り残された二宮金次郎を救出」がオンエア予定だ。

向原康太

最終更新:4/21(日) 10:51
リアルサウンド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

リアルサウンド

株式会社blueprint

音楽と映画を対象とする総合カルチャーサイトです。各ジャンルのニュースから、第一線のライターによる作品レビュー、業界分析記事まで、多彩な記事をお届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事