ここから本文です

ハレプとガルシアの勝利で初日は1勝1敗 [フェド杯テニス]

4/21(日) 16:00配信

テニスマガジンONLINE

 女子テニスの国別対抗戦「フェドカップ(フェド杯)」のワールドグループ準決勝「フランス対ルーマニア」(4月20、21日/フランス・ルーアン/室内クレーコート)の初日が終了し、カロリーヌ・ガルシア(フランス)がミハエラ・ブザネスク(ルーマニア)を6-3 6-3で破り、1勝1敗のタイに持ち込んだ。

フェドカップ・ワールドグループ2019|トーナメント表

 オープニングマッチでは、フレンチ・オープン優勝者のシモナ・ハレプ(ルーマニア)がクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)を6-3 6-1で圧倒し、ルーマニアが1勝目を挙げていた。

 わずか2年の間にランキングを10位から66位に落としていたムラデノビッチは、自分のサービスゲームで相手に17本のブレークチャンスを与えた。彼女は35本のアンフォーストエラーを犯し、対するハレプは19本だった。

 世界21位のガルシアはブザネスクのサービスゲームを5度ブレークし、試合を通して優勢を保った。

 日曜日の相手を入れ替えたシングルスに続き、ガルシアとムラデノビッチはダブルスでイリナ カメリア・ベグ/モニカ・ニクレスク(ルーマニア)と対戦する予定になっている。

 フランスは過去に2度フェドカップ優勝を遂げたことがあるが、ルーマニアはまだ決勝に進出したことがない。ルーマニアは1回戦で、前年優勝国のチェコを破っていた。

 両国が対戦するのはこれが2度目で、1976年の前対戦ではルーマニアが勝っている。

 オーストラリア・ブリスベンのパット・ラフター・アリーナ(ハードコート)で行われているもうひとつの準決勝でも、オーストアリアとベラルーシが1勝1敗で星を分け合った。

 この2対戦の勝者は、11月9日と10日にかけて行われる決勝へ駒を進めることになる。オーストラリアがもし勝ち上がったなら、決勝をホームでプレーする権利を手にしている。(C)AP(テニスマガジン)

PARIS, FRANCE - MAY 29: Caroline Garcia of France in action during her ladies singles first round match against Yingying Duan of China during day three of the 2018 French Open at Roland Garros on May 29, 2018 in Paris, France. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

最終更新:4/21(日) 16:00
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事