ここから本文です

土田晃之「ガンダム」の革命的キャラ設定を説明しよう

4/21(日) 20:03配信

SmartFLASH

 ファーストシリーズ放送開始当初には子供だったぼくらが、いまも魅了され続ける「ガンダム」。ハードボイルドのようなキャラ設定や物語性、プラモの独創性……魅力はたくさんある。

『機動戦士ガンダム』テレビ放送40周年を機に、芸能界屈指の「ガンダムフリーク」土田晃之さんが、マイストーリーを語り始めた。

 小学4年生のとき、友人とガンダムの話で盛り上がっていた土田さん。そこへやってきたのが、女子の関根さんだった。

関根さん(以下、関)「なんの話をしてるの?」

土田さん(以下、土)「女にはわからねーよ。ガンダムの話だよ」

関「私、ガンダム、観てるよ」

土「じゃ、聞くけど、ジオン軍と地球連邦軍、どっちがいいもんだ?」

関「戦争にいいも悪いもない。どっちにも戦う理由がある」

 土田さんには、関根さんの言葉が響いた。

「俺たちより、関根のほうが深いところを読んでた(笑)。それから、関根の言葉を引用するようになったんです。『戦争にいいも悪いもない』って。

 ガンダムのいちばんの魅力は、ストーリーがリアルなところ。戦争を描いているので、リュウさん、マチルダさん、ハモン、ガルマ……。主要なキャラクターが次々と死んでいく。そこをちゃんとフィーチャーして、全部、記憶に残るようなシーンを作っている。

 スレッガーなんて、『悲しいけど、これ戦争なのよね』って言う。すごい台詞ですよ。戦争はカッコいいものじゃない、ということを、子供たちに教えてくれているのかなと。

 僕は勉強ができなかったので、歴史とかもわからなかったんですけど、戦争が怖いもので、よくないことだ、っていうのはわかった。

 それから、沖縄のひめゆりの塔や、広島平和記念資料館、去年は、鹿児島県・知覧の特攻平和会館へ行きました。『この時代は大変だったんだな』と、ガンダムを観て思うようになったんです。

『スーパーヒーロー』ではない主人公がいて、リアルな戦争を描いた。だから、長く愛される作品なんだと思います」

 次のページでは、土田さんがストーリーの中心キャラを解説する!

1/3ページ

最終更新:4/23(火) 17:22
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事