ここから本文です

60歳手前で前立腺ガンを克服「角盈男」女性への興味を失って…

4/21(日) 20:03配信

SmartFLASH

 人間だれしも、ガンになるリスクを抱えている。「備えあれば憂いなし」とはいうものの、闘病経験のない者にとっては、未知の恐怖がある。そこで、「男性が罹りやすいガン」である、前立腺ガンを克服した角盈男(62)を訪ね、気になる「治療内容」「性機能への影響」「その後の生活」について聞いた。

 元プロ野球選手だけに「体には自信があった」という角に、前立腺ガンが見つかったのは、58歳のとき。

「知人につき合って人間ドックを受けたところ、PSA(前立腺特異抗原/血液中にある特異的なたんぱく質)の数値がかなり上がっていて。

 あらためて検査を受けたら、先生に『立派なガンです』と。現役のころ、神経性胃炎になりましたけど、野球選手はみんななるもの。ガンなんて、他人事だと思っていました」

 ガンを宣告されても、ショックを受けるようなことはなかったそうだ。

「職業病だと思いますよ。落ち込む前に対策を考えていました。僕はリリーフピッチャーだったので、現役のころはピンチの場面で出ることが多かったんです。

 ぶつぶつ言っている暇はない、投げなきゃいけない、さぁ、どうやって戦うか……。『3点差でランナーが2人いたら、2点まではあげていい』とか。

 このときもそう。『ガンになった。さぁ、どう対処しよう?』って。この先、転移の可能性があるから、ここでしっかり治そうと」

 自身のブログで病気を公表すると、ファンや支援者から、さまざまな情報が寄せられた。

「当時、全国に4カ所しかなかった『重粒子線治療』を知って、受けることにしました。

 ところがそのためには、ホルモン療法を受けなければいけないんです。前立腺ガンを成長させてしまう男性ホルモンを、減らしていく治療です。1カ月に1回、お腹に注射を1本打って、毎朝、1錠の薬を飲む。これを半年間続けるんです」

 重粒子線治療を始めて3カ月、新たな治療法を知った。それが「トモセラピー(X線による放射線治療)」だ。

「『ホルモン療法をやめて、酒を飲んでいい』と先生に言われて。『え? そうなの?』って。また、『トモセラピーは尿管を傷つけにくい』という話を聞いて、即決しました。とても重要なポイントだと思ったんです」

 この判断が、功を奏した。

「1カ月の間、1日に1時間ほど、X線を照射します。これが計15回で終了。『治療後に、血尿や血便が出る可能性がある』と言われていましたが、なにもありませんでした。

 一時期、男性ホルモンが少なくなったときは、女性への興味を失い、週刊誌の袋とじを開けなくなったけど(笑)、それから少しずつ男性ホルモンの数値も上がってきました。いまは、女性に対する興味が、(かつての)7掛けくらい戻りました。

 ガンになって、時間を大切にするようになりました。『今を全力で』という意識ですね」

すみみつお
1956年6月26日生まれ 鳥取県出身 1977年、ドラフト3位で巨人に入団。リリーフエースとして活躍後、1992年に引退。現在、野球評論家、タレントとして活動。昭和歌謡曲バー「m-129」(東京・恵比寿)のオーナーを務める

(週刊FLASH 2019年4月16日号)

最終更新:4/22(月) 10:27
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事