ここから本文です

マグカップ幅があれば置けるコンパクトなカプセルコーヒーメーカー

4/21(日) 22:10配信

ライフハッカー[日本版]

カプセルコーヒーメーカーを使うメリットは、豆の投入やマシンの洗浄などの手間が省けること。飲みたいときに手っ取り早くおいしいコーヒーが淹れられる、忙しいビジネスパーソンの味方です。

【記事の全画像】マグカップ幅があれば置けるコンパクトなカプセルコーヒーメーカー

また、各メーカーでさまざまなカプセルを出しているので、その日の気分に応じて選べるのも嬉しいところ。

ただ、スペースの争奪戦が起きがちなキッチンで、コーヒーメーカーを置く余裕なんてない人も多そうです。

そこで、ちょっとした隙間に置けるカプセルコーヒーメーカー、(キューリグ)の『K-Mini Plus』をご紹介します。

マグカップの幅があれば設置できる

横幅(5インチ:約12.7cm)の『K-Mini Plus』は、マグカップ1個分の幅があれば、設置が可能。

1人~2人暮らしでキッチンが狭いアパートやマンション住まいの方はもちろん、コーヒーメーカーが欲しかったけど、他の家電を置くのを優先してあきらめていた方にもピッタリです。

朝の目覚めやちょっと一息つきたいブレイクタイムが上質なものになりそうです。

使い方はかんたん

コーヒーが飲みたくなったら、豊富な種類のカプセル(K-Cup)から選んでコーヒーメーカーにセットし、水を注ぐだけ。

「Strong」ボタンも用意されているので、眠気をスッキリさせたいときは、これを押したいですね。

カプセルを9個までセットしておける

よりコンパクトなモデル『K-Mini』もありますが、『K-Mini Plus』はカプセルを9個までセットしておけるのが良いところ。

これにより、カプセル交換の手間が省けますし、カプセル用のツリーを置いてスペースを取られることもありません。

高さがいろいろな手持ちの容器が使える

『K-Mini Plus』はお気に入りのマグカップが使えるのも嬉しいポイント。

6~12オンス(約177~355ml)までのマグカップが利用でき、カップの容量に応じてコーヒーの量が設定できます。

また、少し高さがあるトラベルマグにも対応。最大7インチ(約17.8cm)の高さまでOKなので、保温・保冷ボトルに入れて、そのまま会社へもっていく、なんて使い方もよさそう。

どこで購入できるのか

『K-Mini Plus』はAmazon.comから購入でき、本体価格98.29ドル(約1万1000円)と送料21.80ドル(約2400円)となっています。また、Amazon.co.jpでも取り扱いがあります。

なお、カプセルは日本版公式サイトから入手可能です。

Image: Amazon.com

Source: KEURING, Amazon.com

山田洋路

最終更新:4/21(日) 22:10
ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事