ここから本文です

ヤフオクドームのド派手なファン“パン君おばちゃん”を直撃

4/21(日) 11:00配信

文春オンライン

ファンになったきっかけは?

ノボせもん「いつからホークスファンなんですか?」

湯川さん「元々野球は好きやなかったとよ!」

 いきなりかましてくれるじゃないですか!

ノボせもん「じゃあ何きっかけで?」

湯川さん「初めてホークスがリーグ優勝した1999年の優勝パレードをお祭り感覚で見に行ったら、松中さんがいて、『写真撮って下さい!』って声かけたら快く写真撮ってくれて、優しかったけん、一回ドームに試合見に行ってみようかね! って外野席で試合見たら、応援が楽しくて楽しくて、ホークスのファンになったとよ!」

 松中さんの優しさに触れてという、今の見た目から想像していたのとは違った、乙女らしいキッカケ!(失礼や!)

 そして、我々と皆さんが最も気になってる質問をしてみました。

ノボせもん「いつから? 何でそんな格好になったんですか?」

湯川さん「13年前からよ! 私みたいに、色んな人にホークスを好きになって欲しいけん楽しくするためと、観客の人を盛り上げて、選手にパワーを届けたい! その為に、博多どんたくでいつも着てる格好でドームに来だしたとよ!」

 なんともホークス愛あふれる理由! てっきり自分が目立って選手に気付かれたいから派手な格好をし始めたと思っていた我々をお許しください~!

湯川さん「そしてね! 派手な格好で敵チームを威嚇したいとよ!」

 クジャク作戦やね!

 実際に、湯川さんは毎回、試合前と7回裏のホークスの攻撃前に流れる「いざゆけ若鷹軍団」を唄いながら踊っていて、それを見た子供たちが一緒に見よう見まねで真似して踊ったり、ホークスに2017年シーズンまでいた川﨑宗則さんは、踊ってる湯川さんを見て、おもしろいお母さんがいるなぁと思ったらしく、シートノック中に流れる「いざゆけ若鷹軍団」を湯川さんと一緒に踊るようになり、それをムネダンスと周りの人は呼ぶようになり、それを見たファンも盛り上がるという、湯川さんの望んでいる光景がそこにはありました。

2/3ページ

最終更新:4/21(日) 16:24
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事