ここから本文です

メガネ着用時は「女っぽい色の口紅」でアカぬけ顔に

4/21(日) 14:00配信

webマガジン mi-mollet

matobaさんからの質問

Q. 眼鏡をかけている時のメイクで心掛けていることはありますか?

松本さん、質問です。私も眼鏡をかけているのですが、眼鏡をかけている時のメイクで心掛けていらっしゃることはありますか?

チームmi-mollet 松本千登世さんの回答

A. 眼鏡でマニッシュ、唇で女っぽく

 これもまた、私にとっての最近のテーマです(笑)。私が今、愛している眼鏡は、ウェリントン型のフレームで少しマニッシュなものなので、これを「アイブロウ」と「アイライン」代わりに。その分、口紅に女っぽい色を使っています。
ディープなボルドー、柿のようなオレンジ、みたいな個性的な色をカジュアルに塗ったり、逆にどこか官能的なピンクベージュをきちんと塗ったり。すると、結構「眼鏡、似合うね」と褒めてもらえることが多い気がします。

最近のお気に入りは、レブロンの「キス プランピング リップ クリーム」とshiroの「ジンジャーリップバター」の9C10。決めすぎないけど、ちょっとハッとする。手抜きの眼鏡でなく、洗練の眼鏡になると思います。ちなみに、華奢で女っぽいフレームなら、眉やアイラインをきちんと入れて、バランスを取るほうがいいと思います。

PROFILE松本千登世(まつもとちとせ)女性誌や単行本など美容や人物インタビューを中心に活動。『GLOW』(宝島社刊)で「今月の美人3品~心まで綺麗にするコスメ~」、『DRESS』(gift刊)で「本質はここから生まれる~ビューティ・メゾンの真髄」などを連載中。『ハイヒールは女の筋トレ 美の基礎代謝をあげる82の小さな秘密』(講談社刊)ほか、著書あり。 この人の回答一覧を見る 取材・文/長谷川真弓  

松本 千登世

最終更新:4/21(日) 14:00
webマガジン mi-mollet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事