ここから本文です

「一生懸命節約しているのに、なぜかお金がたまらない」人の行動習慣

4/21(日) 6:40配信

オトナンサー

 これまで多くの女性の「お金」に関する相談にのってきましたが、その中でも「一生懸命節約しているのに、なぜかお金がたまらないんです」という相談が少なくありません。なぜ、このようなことが起こるのでしょうか。今回は、節約しているのに、なぜお金がたまらないのか、その原因と対策についてお話しします。

固定費にメスを入れると効果的

「一生懸命節約しているのに、なかなかお金がたまらない」という人に、どんな節約をしているのかを聞いてみると、「電気代節約のため、マメに電源コードを抜いている」「スーパーのチラシをチェックして、安売りをしているスーパーで買い物している」「節水シャワーを利用して水道代を節約している」といった答えが返ってくるケースが少なくありません。

 ただし、日々、一生懸命節約している割に、「どうしても欲しい」という感情が働いてしまうと、節約という考えがなくなってしまいがちに。例えば、「ブランド品のバッグが欲しい」と思ったら、普段5000円のバッグを使っている人が、20万円ものバッグをためらわずに買ってしまうということもあります。また、「旅行の時くらいはぜいたくをしたい」と言って一気にお金を使ったり、「ストレスがたまっているから」と言って、一晩で何万円も使って飲みながらグチっていたりします。

 これでは、日々小さな節約に励んでいても、なかなかお金はたまりません。もちろん、日々の細かい節約も大切ですが、節約をするときは、毎月一定の金額がかかる固定費にメスをいれる方が効果的です。

 例えば、月々の保険料を5000円下げ、携帯電話の料金プランを3000円安くできれば、それだけで毎月8000円の節約ができ、年間では、実に9万6000円もの節約になります。しかも、保険料も携帯電話料金のプランも固定費なので、一度見直してしまえば、その後は何もしなくても節約効果が得られるのがメリットです。日々50円安い食材を探すのに時間を費やすより、はるかに効率的です。

1/2ページ

最終更新:4/21(日) 11:51
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ