ここから本文です

指揮官レーブがドイツ代表の「功労者3人」を切った理由【ワールドサッカーダイジェストのザ・ジャーナリスティック】

4/21(日) 0:30配信 有料

SOCCER DIGEST Web

きわめてドライに伝えるとそそくさとその場を去った

2014年W杯優勝時の中心メンバーだったボアテング、ミュラー、フンメルス。このタイミングでの構想外通告はまさに青天の霹靂だった。(C) Getty Images

 まさに青天の霹靂だった。ブラジルW杯制覇の功労者であるミュラー、ボアテング、フンメルスが突如としてドイツ代表から追放されたのだ。大ナタを振るったのはレーブ監督だ。決断を下した背景にはなにがあったのか。(文:ルドガー・シュルツェ・訳:安藤正純 2019年4月4日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック ドイツ』を転載)

―――◆―――◆―――

ロシア・ワールドカップでの惨敗以来、ドイツ・サッカー界は猛烈な逆風に晒されている。代表、クラブを問わずに、だ。ドイツが長い時間をかけて築き上げた高貴なイメージは、あの3試合で消え失せ、それから今日に至るまで捲土重来を果たせていない。

 優勝候補の最右翼だったドイツにとって、グループリーグは連覇への足慣らしの場となるはずだった。なにしろ相手はメキシコ、スウェーデン、韓国である。しかし、ドイツを待ち受けていたのは想定 本文:5,121文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:4/21(日) 0:30
SOCCER DIGEST Web

おすすめの有料記事

もっと見る