ここから本文です

鹿島の“走れるファンタジスタ”が新天地デビュー! 両チーム最長の走行距離で随所に輝き!!

4/21(日) 11:53配信

SOCCER DIGEST Web

「良さは半分も出せなかった」と不満げに語ったが…

[J1リーグ8節]鹿島1-0仙台/4月20日/カシマ

 待ちに待った新天地でのデビュー戦。今季加入したMF白崎凌兵が、カシマスタジアムの舞台にようやく立った。
 
 「久しぶりの出場だったので、めちゃくちゃ緊張した」
 
 深紅のユニホームを着ての初のリーグ戦。先発でのデビュー戦を勝利で飾り、白崎は安堵の表情を浮かべると開口一番、本音を口にした。
 
 タイトルを求めてこのオフ、清水から加入。チームにいないパサータイプのゲームメーカーとして期待が集まったが、1月の宮崎合宿を終えた直後に左足かかとを負傷。開幕を待たずして戦線を離れてしまった。
 
 待望の初出場は、1得点を挙げた清水時代の最終節・長崎戦(12月1日)以来、4か月19日ぶりのリーグ戦。中盤の左サイドで出場すると、序盤は硬さが見られたが徐々に存在感を示し始めた。

【ハイライト動画】鹿島が仙台に「ウノゼロ」勝利で5位浮上!

 
 19日の練習後、大岩監督は土居、安部、白崎を呼び、「状況を見てうまく連動しろ」と3人に指示。その言葉どおり、白崎は左から右へ、右から左へと、安部らと連動して流動的にポジションを移し、攻撃を活性化した。
 
 白崎は自身のパフォーマンスに言及し「良さは半分も出せなかった」と不満げに語ったが、真骨頂は随所に発揮された。持ち前のパスセンスに加え、労を惜しまない献身的な走りは、鹿島強化部も高く評価するところで、この試合もピッチを激しく上下動し続けた。
 
 総走行距離12・165㌔は、両チーム最長の数字。ポジション、出場時間によって差は出るが、12㌔台はただ一人。34分にはセンターサークル付近でボールを持つと、前方の土居とのパス交換から前線に抜け出し、安部の好機を演出。機動力の高さを示した。本人は「60分あたりで足がつっていた」と苦笑い。それでも“走れるファンタジスタ”の片鱗は見せた。
 
 サイドの連動性もまずまず。安西は状況に応じて前方の安部、白崎が入れ替わったが「(白崎とは連係で)少し苦戦すると思っていたが、思っていた以上にうまく崩せた。イメージが共有できたので、次はもっと良くなっていく」と白崎との連係に手応え。守備でも波長が合い、相手に決定機を許さなかった。
 
 己への不満を口にする中にも「今後につながるいい場面もあった。イメージを共有して、その回数を増やせる自信にはなった」と振り返った白崎。新しいピースが一つ加わり、大岩監督は「シラ(白崎)はパスの選択肢も抱負で、ポジション争いを活発化してくれる」とようやくピッチに立った“新戦力”がもたらす影響を歓迎した。
 
取材・文●一色伸裕(産経新聞社)

最終更新:4/21(日) 11:53
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事