ここから本文です

U-16国際大会で中井卓大擁するR・マドリーが決勝進出!“ピピ”は圧巻のキープ力で会場を沸かす!

4/21(日) 13:55配信

SOCCER DIGEST Web

FC東京とタイトルを争う

 国内外の計8クラブのU-16以下(2003年生まれ以降)の選手たちが参加している「キリンレモンCUP2019」は最終日を迎え、決勝トーナメントが開催された。

【PHOTO】“ピピスマイル”は必見! R・マドリーの15歳、中井卓大の日本凱旋・最新フォトをお届け!

“ピピ”こと中井卓大を擁するレアル・マドリーのカデーテA(U-16)は、グループステージ(A組)を2勝1分けの1位で突破し、準決勝でB組2位のジェフ千葉と対戦。3-0で快勝し、決勝進出を決めた。

 4-3-3の右インサイドハーフで先発出場した中井は、選手交代の関係で後半10分過ぎから4-4-2にシステムが変更すると、ダブルボランチの一角にシフト。3点のリードを奪っていたこともあり、その直後の後半17分にベンチに下がった。
 
 この試合ではバランサーに徹し、ゴールに絡むプレーこそなかったものの、前半終了間際に3人に囲まれても冷静にボールをキープしたシーンなど、技術の高さを存分に見せつけた。

 順当にファイナルに勝ち進んだマドリーは、FC東京とタイトルを懸けた一戦に挑む。

 準決勝で敵のGKのミスを衝いてチーム2点目を奪ったCFのマーニャスは、「たくさんの観衆が来ているし、優勝した姿を見せたい」と意気込みを語った。U-15で行なわれた昨年に続いて連覇を達成できるか。

取材・文●江國森(サッカーダイジェストWeb編集部)

最終更新:4/22(月) 0:24
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事