ここから本文です

乾出場試合で衝撃のゴール誕生 “GKキック→相手直撃→失点”に騒然「年間エラー大賞」

4/21(日) 6:50配信

Football ZONE web

バジャドリードGKジョエルが前線へキックを試みるも、アラベスFWに当たって失点

 アラベスの日本代表MF乾貴士が出場した現地時間19日のリーガ・エスパニョーラ第33節バジャドリード戦(2-2)で、珍プレーが飛び出した。前半4分、バジャドリードのGKがバックパスをゴールライン際でトラップし、ロングキックを試みたが、FWに当ててしまいそのままゴールへ。思わぬ形で先制点が生まれ、スペインメディアは「年間エラー大賞」と取り上げている。

【動画】バジャドリードGKジョエル、“年間エラー大賞”級のミス 指揮官もテクニカルエリアで呆然…

 乾も出場したアラベス対バジャドリードの一戦は、思わぬ形でスコアが動いた。前半4分、アラベスのプレスにバジャドリードのスペイン人MFボルハ・フェルナンデスは思わずバックパス。これが大きく逸れ、高い位置を取っていたスペイン人GKジョエルは慌ててゴールライン際まで走り、直前でトラップしてボールを残した。ワントラップして、ロングキックで前線へ大きく蹴り出そうとしたが、アラベスのスウェーデン代表FWヨン・グイデッティがスライディングタックルした右足に当たり、そのままゴールに吸い込まれた。

 まさかの失点劇に、セルヒオ・ゴンサレス監督はテクニカルエリアで呆然。バックパスをしたフェルナンデスも、がっくりと肩を落とした。

 スペイン紙「マルカ」は、「ジョエルの年間エラー大賞:コントロール、“居眠り”、グイデッティ直撃で1点献上」と状況を描写している。

 チームが2点ビハインドを追いつき、2-2の引き分けで終わったことでジョエルは最悪の事態を免れた。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/21(日) 6:50
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事