ここから本文です

札幌MFチャナティップの今季初ゴールに海外メディア注目 「まさにメッシのよう」

4/21(日) 6:10配信

Football ZONE web

「GKとDFを無力化」 冷静なフィニッシュに称賛集まる

 北海道コンサドーレ札幌は20日、J1リーグ第8節で横浜F・マリノスと対戦し、3-0の勝利を収めた。この試合で札幌のタイ代表MFチャナティップが先制点となる今季初ゴールを記録。アジア各国メディアの注目を集めている。

【動画】「まさにメッシのようなゴール」 札幌MFチャナティップ、見事な抜け出しから冷静なフィニッシュで今季初ゴール

 今季開幕から8試合連続での先発となった“タイのメッシ”チャナティップは前半4分、自陣でのボール奪取から始まったカウンターで横浜FM守備陣の背後を取ってビッグチャンスをつかむ。飛び出してきたGK飯倉大樹を正確な切り返しでかわし、冷静にシュートを流し込んだ。

 ベトナムメディア「Soha」は、「チャナティップが輝きを放ち、まさにメッシのようなゴール」と見出しを打ち、ゴールシーンを詳報。「開始4分、チャナティップは札幌の連係パターンからゴール。チームメートの連係の後、チャナティップは賢く動き、GKとDFを無力化してネットを揺らした」と綴っている。

 また、ベトナムメディア「tuoi tre」は「チャナティップが均衡を破り、札幌はより快適にプレーすることができた」と報じ、貴重な先制点を記録した点にフォーカスしてチャナティップを称賛。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は「チャナティップが札幌の勝利とともにマン・オブ・ザ・マッチを獲得」との見出しで活躍を伝え、「移籍加入した2017年以来、札幌の“啓示”となっている」とその存在感を表現した。

 チャナティップのゴール後も、前半9分にDF福森晃斗、同29分にFWアンデルソン・ロペスが追加点を挙げて3-0の勝利を収めた札幌は、連勝で8位に浮上。第4節から第6節にかけて喫した3連敗からの立て直しに成功している。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/21(日) 6:10
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事