ここから本文です

ユベントスが欧州5大リーグ初の金字塔 セリエA最速タイでリーグ8連覇を達成

4/21(日) 8:52配信

Football ZONE web

フィオレンティーナを2-1で破り、5試合を残してリーグ優勝

 イタリア・セリエAで王者ユベントスが現地時間20日の本拠地フィオレンティーナ戦で2-1の勝利を収め、前人未到の8連覇を達成した。5試合を残しての優勝はセリエA最速タイで、8連覇は欧州5大リーグで初の記録となった。

【動画】ユベントスがフィオレンティーナ撃破でセリエA8連覇の金字塔

 ユベントスは16日にUEFAチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝でアヤックスに敗れ、ベスト8で姿を消した。序盤からそのショックを感じさせるような試合運びで、前半6分にはセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチにゴール前のこぼれ球を蹴り込まれて0-1とビハインドを背負った。

 それでもユベントスは前半37分、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチの右コーナーキックをニアサイドでブラジル代表DFアレックス・サンドロが低空ダイビングヘッドで押し込んで同点。フィオレンティーナのFWフェデリコ・キエーザに2度にわたってゴールポスト直撃のシュートを放たれる不安定な出来ながら、1-1の同点で前半を終えた。

 するとユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は後半からドイツ代表MFエムレ・ジャンを最終ラインに下げる3バックに変更。試合運びの安定感を取り戻すと、後半8分には右サイドでボールを受けたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが一気に縦に突破。ロナウドによる中央への速い折り返しをフィオレンティーナDFヘルマン・ペッセッラがオウンゴールとしてしまい、2-1とユベントスがリードを奪った。

 残り時間はフィオレンティーナの勢いが減退。ユベントスも追加点こそ奪えなかったが2-1のまま試合を締めくくり、通算35回目となる8連覇を決めた。5試合を残しての優勝は2006-07シーズンにインテルが記録したのに並ぶセリエA最速タイ記録で、8連覇はイングランド、スペイン、ドイツ、フランスと合わせた欧州5大リーグでは初の達成という金字塔になった。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/21(日) 12:38
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事