ここから本文です

PFAが年間最優秀選手賞の候補者発表! マンCから最多3人、守備の名手も堂々の選出

4/21(日) 10:01配信

Football ZONE web

リバプールからはファン・ダイクとマネの2人、チェルシーのアザールもノミネート

 プロサッカー選手の投票によって決まるプレミアリーグ年間最優秀選手賞、「PFAプレーヤー・オブ・ザ・イヤー」のノミネート6選手が発表された。プレミアリーグ首位のマンチェスター・シティからイングランド代表MFラヒーム・スターリング、2位リバプールからオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクといった有力選手が名を連ねた。

 昨季は32ゴールを決めて得点王になったリバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが同賞を受賞。今季も19得点を挙げて2季連続の得点王も視野に入れているが、今回は選外となった。その代わりに、リバプールからはDFの柱であるファン・ダイクと18得点のセネガル代表FWサディオ・マネの2人が選出された。

 リバプールを勝ち点1上回って首位を走るシティからは、サラーと並ぶ19得点を決めているアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロと16得点のスターリング、そして中盤でゲームを作るポルトガル代表MFベルナルド・シウバというアタッカー3人がピックアップされている。

 残る1人はチェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールだ。圧倒的な個人技は今季も健在で、16得点12アシストと圧巻の活躍を見せている。

 英紙「ガーディアン」ではノミネート発表を受け、「スターリングとファン・ダイクが有力候補」と言及。優勝争いをしているシティとリバプールから、得点だけでなくアシストでも貢献できるスターリングと、驚異的な対人の強さを見せてゴール前に鍵をかけるファン・ダイクの2人にスポットライトを当てている。

 アザールが受賞すれば2014-15シーズン以来4年ぶり2回目。その他の候補者はいずれも初受賞となる。その栄冠を手にするのは一体どの選手となるだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:4/21(日) 10:01
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事