ここから本文です

伊藤沙莉、渡辺大知から松岡茉優への“粋な計らい”に「落としに来てんじゃん」

4/21(日) 9:37配信

ザテレビジョン

ゲストの3人が自由気ままにトークする「ボクらの時代」(フジテレビ系)。4月21日の放送回に松岡茉優、伊藤沙莉、渡辺大知が登場。松岡が2017年に公開された映画「勝手にふるえてろ」で共演したことのある渡辺に対し、恋に落ちそうになった(!?)ことを告白した。

【写真を見る】渡辺大知に対し「(恋に)落ちたよ」とニヤリとした松岡茉優

松岡は「私、大知君の歌が大好きなの。切ないよね」と、ミュージシャンとしての顔を持つ渡辺の歌を絶賛すると、伊藤も「大好き」と賛同。伊藤は渡辺の弾き語りライブにも行ったこともあるといい「めっちゃいい。泣ける。声がすごくいい」と語る。渡辺が少し照れながら「松岡さんの映画の主題歌もやらせていただいて」と振り返ると、松岡は「私、やっぱりミュージシャンとは恋人になりたくないと思う」と切り出す。

映画の撮影が始まったころに渡辺から「好きな歌は何?」と聞かれたといい、松岡は矢野顕子の「ひとつだけ」と答えたという。すると、渡辺の作った映画の主題歌に“ひとつだけ”という歌詞が入っていたとのこと。

松岡がすてきな歌詞だなと思っていると、映画のイベントに登壇した際に「松岡さんが好きって言っていた歌の“ひとつだけ”なんだよ」と渡辺に告げられたという。

これを聞いた伊藤は「落としに来てんじゃん」とバッサリ。当の本人である松岡も「落ちたよ」とニヤリ。

渡辺は「リスペクトというか…」と言い訳(!?)を始めるが、2人からは「そうやってやってるんですか? そうやってやってきたんでしょ!」と責められ、松岡は「こんな共演しただけの女に向かって、そんなこと言っちゃうなんてミュージシャンなんて嫌!って思った」と振り返っていた。

次回「ボクらの時代」は出川哲朗、飯尾和樹、ウド鈴木が登場する。(ザテレビジョン)

最終更新:4/21(日) 9:37
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事