ここから本文です

SKE48須田亜香里、“運営擁護”するなの声に「擁護するほどかわいがられたこともない…」

4/21(日) 13:44配信

ザテレビジョン

SKE48の須田亜香里が、4月21日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に出演。この日夕方に行われるNGT48の劇場千秋楽公演に、暴行被害を受けた山口真帆が出演することについて持論を展開した。

【写真を見る】擁護する必要がないくらい完璧な須田亜香里のストイックビキニSHOT

公の場に姿を見せるのは、2019年1月10日の「3周年公演」以来101日ぶりになる山口に対し、司会の爆笑問題・田中裕二が同じ48グループの須田に「あかりん、どうですか?」と話題を振る。

すると須田は「そうですね、私も今日(公演に)出るって言うのは皆さんと同じように公式サイトで知る形だったんですけど、グループが解散しちゃうんじゃないかみたいなこともささやかれている中で、チームの解体っていうことだけで済んだのも、いろいろ言われますけど、真面目にやってる子もたくさんいるから、そういう子たちのことを思うと、チーム解体で留まって、それは幸いだったんじゃないかなって」と素直な思いを告白。

また、山口が有料会員向けのメールで「タイトル『いやだ』、明日(の千秋楽公演)が来て欲しくない」とメッセージを出したことについて、須田は「これが出る前は、山口さん自身が望んで公演に出るんだっていうふうに思ってたけど、これを見て『あ、望んで出るわけじゃないのかな?』って想像してしまうと、ちょっと心配な感じが」と山口を気遣った。

さらに山口の公式グッズ発売中止が報じられたことについて、田中は「あかりんこれ、ファンから(したら)復帰というよりも卒業じゃないかなっていうふうに思っちゃう」と聞くと、須田は「グッズ中止イコール卒業ってのは私は考えにくいなって思っていて、今回(中止)のやつってサイン入りのグッズなんですよ。

そういうのを発売する時って、毎回メンバーがサインを書いた紙を提出して、それをその都度スキャンしてもらってグッズになるんですよ。だから、今回もこういう騒動があった中でグッズ販売の話とか、さすがにするものじゃないと思うし」と、グッズの販売中止と山口の卒業は結び付かないと反論した。

杉村太蔵が「運営側は(NGT48が)再起を目指そうというこういう時期に、なぜそういうことをもっと丁寧に説明しないのか、何の説明もないから憶測や推測で沸騰しちゃいますしね。何でですか?」と意見をぶつけると、須田は「私も運営側の人間ではなくて、よく『運営援護するな』みたいなのも言われるんですけど、そんな(運営側を)援護するほどかわいがられたこともない…」と自虐気味に本音を漏らす。

すぐさま太田光から「そんな義理はない?」とツッコまれ、田中から「だってあかりん、総選挙で2位なのに、秋元康さんとご飯食べに行ったこと0回なんだって」とバラされ、須田は「1回もないんです。そうなんですよ」と爆笑。スタジオの笑いを誘っていた。

次回の「サンデー・ジャポン」は4月28日(日)放送予定。(ザテレビジョン)

最終更新:4/22(月) 14:16
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン35号
8月21日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事