ここから本文です

高橋一生の“湯けむり”サービスカットにファン「鼻血が…!」<東京独身男子>

4/21(日) 8:21配信

ザテレビジョン

高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が演じる3人の独身アラフォー男性が“あえて(A)結婚(K)しない=AK男子”の道を選び奮闘するラブコメディードラマ「東京独身男子」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)の第2話が4月20日(土)に放送された。

【写真を見る】高橋一生の湯けむり入浴シーン! 可愛いキャラと肉体美のギャップにクラッ

第2話の見どころはAK男子3人で温泉旅館に行くシーン。「浴衣着てはしゃいでる3人が可愛すぎ。小学生か」「一生さん…鼻血が出ます」と、ファンから興奮の声が寄せられている。(以下、ネタバレがあります)

■ 波乱に満ちた温泉宿の夜…

メガバンク勤務の石橋太郎(高橋一生)と、審美歯科クリニック院長・三好玲也(斎藤工)、法律事務所のボス弁・岩倉和彦(滝藤賢一)は仕事も私生活も充実している。しかし、結婚だけは、自分の思い通りになかなか進まない3人。

第2話では、太郎が元恋人の舞衣(高橋メアリージュン)に改めてプロポーズをしたのだが、舞衣には糸井(早乙女太一)という彼氏がいた。太郎は糸井に「人の女に手ぇ出してんじゃねぇよ」と言われてしまう。

その後、旅行会社に勤務する舞衣から、温泉に誘われた太郎は浮かれるが、舞衣はただ仕事に協力してもらいたいだけだったため三好と岩倉にも来てもらうことに。太郎が思い描くような甘いムードは何もなく、旅館には糸井も来ていて踏んだり蹴ったりだった。

■ 可愛い男子の顔とオトナの表情がWで楽しめる

太郎にとっては苦い夜となったが、第2話の“湯けむり回”は視聴者が楽しめたシーンがたくさんあった。

太郎と三好、岩倉の仲良し3人が恋愛についてギャーギャーとおしゃべりする場面は、中学生男子が煮え切らぬ思いを抱えて恋バナをするようでもあり、浴衣姿で太郎と三好が枕を投げ合い、相撲を取るようにじゃれあう様子は小学生男子のようでもあった。

一方で、太郎が露天風呂につかりながら、仕切りの向こう側にいる舞衣と切ない会話をするシーンは高橋一生の色気があふれ出ていた。「彼と結婚していいと思う?」と聞く舞衣に対して「やめとけ、あんなやつ…。俺そういうこといいそうだよね。でも悔しいけど、あいついいやつ」と苦笑する太郎の姿は、ひとつの恋を終えた大人の男性を感じられる名シーンとなった。

放送中に色んな表情を見せるAK男子たち。高橋の“湯けむり”カットもあり、視聴者からは「しょーもないオトコたちが可愛すぎる」「一生さん…鼻血が出ます」「2話見てめっちゃハマってる」等という声がSNSに集まっている。

第3話は、1週お休みして5月4日(土)放送。舞衣への想いを断ち切ろうとする太郎に、かずな(仲里依紗)が突然のキス。密着する2人を三好と岩倉が目撃して大騒ぎに。そんな中、開かれた舞衣と糸井の結婚パーティーに太郎が出席する。

(ザテレビジョン)

最終更新:4/21(日) 8:25
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン34号
8月16日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事