ここから本文です

宮市亮、16試合連続出場で持ち味発揮も…。チームは開始30分で3失点許し4試合未勝利

4/21(日) 22:24配信

フットボールチャンネル

【ハイデンハイム 3-0 ザンクト・パウリ ブンデスリーガ2部第30節】

 ドイツ・ブンデスリーガ2部第30節が現地時間の21日に行われ、FW宮市亮が所属する7位ザンクト・パウリがアウェイでハイデンハイムと対戦し、0-3で敗戦した。

 宮市は右サイドで2試合連続でスタメンに名を連ね、16試合連続の出場となった。サイドの裏のスペースで受け、クロスを上げるなど序盤から積極的な姿勢を見せていた。

 いきなり宮市がチャンスを作る。9分、右サイドを抜け出した宮市が中央へグラウンダーのクロス。ペナルティエリア内に入り込んだクリストファーがシュートを放つが、相手GKの好セーブに阻まれた。

 だが、先制したのはハイデンハイム。18分、相手陣内からグラッツェルに縦パスが入る。グラッツェルは前を向き、ドリブルで侵入。右を走っていたシュナッテラーに横パス。ペナルティエリア手前から右足でシュートを放つと、ゴール左に突き刺さった。

 先制点を許したザンクト・パウリは続けて失点を許す。26分、ペナルティエリア左からアンドリッチが中央へクロス。これをニアに走り込んだグラッツェルが触り、後ろから走りこんで来たドヴダンに豪快に決められ、追加点を許す。続く28分にもドヴダンに決められ、ザンクト・パウリは前半30分までに3点を奪われた。

 逆転を目指すザンクト・パウリだったが、中々相手ゴール前まで運ぶことができない。後半開始からは拮抗した試合展開が続く。なんとか1点の欲しいザンクト・パウリだったが、73分に途中出場のベッカーがこの日2枚目のイエローカードを受け、退場処分となってしまった。ザンクト・パウリは残り少ない時間を10人で戦うことになってしまった。

 結局試合はこのまま終了し、ザンクト・パウリが昇格遠のく敗戦となった。これでザンクト・パウリは公式戦4試合未勝利となった。

【得点者】
18分 1-0 シュナッテラー(ハイデンハイム)
26分 2-0 ドヴダン(ハイデンハイム)
28分 3-0 ドヴダン(ハイデンハイム)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/21(日) 22:24
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事