ここから本文です

マンU、4失点大敗…。CL出場権争いで一歩後退

4/21(日) 23:28配信

フットボールチャンネル

【エバートン 4-0 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ第35節】

 イングランド・プレミアリーグ第35節が現地時間の21日に行われ、6位マンチェスター・ユナイテッドが10位エバートンと対戦し、0-4で敗戦した。

 トップ4入りへ負けられないユナイテッドは左からマルシャル、ルカク、ラッシュフォードを配置し、3トップを形成。マティッチが戦列復帰を果たした。サンチェスとマタがベンチスタートになった。対するエバートンはキャルバート=ルーウィンがワントップに入り、トップ下にはシグルズソンが起用された。GKにはピックフォードが入っている。

 まずエバートンがチャンスを作る。11分、右サイドのクロスからリシャルリソンが左サイドでワントラップから右足を振り抜くが、デ・ヘアがビッグセーブ。もう一度跳ね返って来たところをリシャルリソンが左足でシュートを放つが、ゴール左に外れてしまう。だが、いきなりエバートンがチャンスを作った。

 その直後の13分、左サイドからディニュがロングスローでペナルティエリア内に送ると、キャルバート=ルーウィンがヘディングでフリック。中央にいたリシャルリソンが倒れこみながら、左足を振り上げる。強烈なシュートがゴールに突き刺さり、さすがのデ・ヘアも動くことができなかった。リシャルリソンのスーパーゴールでエバートンが先制に成功した。

 28分、ゲイエのパスを左サイドで受けたシグルズソンが中央に切り込む。シグルズソンは右足を振り抜き、ゴール左に決めた。これでエバートンがリードを2点に広げた。

 1点の欲しいユナイテッドは後半の頭からジョーンズに代えてヤング、フレッジに代えてマクトミネイを投入した。ここで2点リードのエバートンにアクシデントが襲う。51分にリシャルリソンが倒れ、ウォルコットとの負傷交代を余儀なくされた。

 すると56分、エバートンの左コーナーキックはデ・ヘアにクリアされるも、こぼれ球をバイタルエリアからディニュが左足で強烈なシュート。これがゴールに突き刺さり、エバートンが3点目を決めた。さらに64分にウォルコットが追加点を挙げ、リードを4点に広げた。

 4点を失うも最後まで諦めないユナイテッドだったが、最後まで得点を奪うことができず。0-4で敗戦した。敗れたユナイテッドは勝ち点64のままで、チェルシーを追い抜くことができず。UEFAチャンピオンズリーグ出場圏内の4位アーセナルとは暫定で勝ち点差2となっている。

【得点者】
13分 1-0 リシャルリソン(エバートン)
28分 2-0 シグルズソン(エバートン)
56分 3-0 ディニュ(エバートン)
64分 4-0 ウォルコット(エバートン)

フットボールチャンネル編集部

最終更新:4/21(日) 23:28
フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事