ここから本文です

プレミア復帰は「飛ばし」なのか。香川真司、気になる来季の去就動向。

4/21(日) 11:31配信

Number Web

 エージェントは年がら年中、携帯電話のスイッチをオンにしている。ボン・キュッ・ボンのモデルに言い寄られても、目の前に豪勢なディナーが並んでいても、着信音には敏感だ。一瞬の気の緩みでビッグビジネスを取り逃がし、「貴様、なにしてくれてんねん!」と顧客に怒られるくらいなら、絶世の美女も一流のシェフが腕を振るった料理も、ご遠慮申し上げなくてはならない。

【秘蔵写真】日本代表で10番じゃない香川真司!?

 移籍市場を担当するメディアも携帯電話と仲良しだ。シーズンオフになるとピッチ内のニュースはなくなり、映像媒体なら時間、活字メディアなら誌(紙)面の多くをピッチ外の話題で埋めなくてはならない。頼みの綱はエージェントからの連絡だ。

 ここで双方の利害関係が合致する。飛び込んできた好条件のオファーをさらに色付けするべく、エージェントはメディアに交渉内容の一部を漏らす。メディアはさらに色付けする。移籍情報のスタートと終点が異なる典型だ。

脚色を超えてデマも多い移籍報道。

 したがって多くの選手が口を閉ざし、メディアはやむをえず脚色する。いや、脚色ならまだましだ。近ごろはデマが乱れ飛び、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマンなどは、その名義を勝手に使われるケースが急増した。仮に彼らが「事実無根の記事によって名誉、イメージが著しく損なわれた」と訴えれば、勝訴すること間違いなしの低俗、かつでたらめな情報がクラブや監督を、そして選手を害している。

 ちなみに「モハメド・サラーがリバプール退団を決意」と報じたスペインの『アス』は、R・マドリー以外の情報になると信ぴょう性が乏しく、「神戸の新監督はアンドレ・ビラスボアスか」とぶち上げた『デイリースター』も、“飛ばし”が大好きな英国のタブロイド紙である。

香川のプレミア復帰は?

 イングランドで流れはじめた「ウェストハムとエバートンが香川真司に興味津々」というニュースにも、大きな疑問符がついている。なぜならエバートンは若返りの真っ最中で、30歳になった香川をリストアップする確率が低いからだ。キャプテンのフィル・ジャギエルカ(36歳)と長くチームを支えたレイトン・ベインズ(34歳)は、今シーズンで満了となる契約が延長されることはないだろう。

 また、トップ下にはギルフィ・シグルズソンが君臨している。相手ボールになった瞬間の秀逸なポジショニングは、マルコ・シウバ監督も絶大な信頼を寄せ、代えが利かない選手のひとりだ。攻守の切り替えにやや難のある香川が、エバートンのゲームプランに合致するだろうか。

 さらにエバートンのターゲットは、機動力のあるCBと、イドリサ・ゲイの退団が不可避(新天地はパリ・サンジェルマンか、ユナイテッドか)となりつつある守備的MFだ。トップ下は欲していない。

1/3ページ

最終更新:4/21(日) 13:11
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事