ここから本文です

19年春夏最大のトレンド「スポーツ」を楽しく着るボディーメークWeek7 カラダの黄金比?筋トレで恋愛?面白すぎる人体のフシギ

4/21(日) 20:00配信

WWD JAPAN.com

ファッション&ジム中毒の「WWD JAPAN.com」編集長が、2019年春夏シーズン最大のトレンドであるスポーツスタイルの代表格「MSGM」をカッコよく着るため、「RIZAP」に通い始めたこの企画。

【画像】19年春夏最大のトレンド「スポーツ」を楽しく着るボディーメークWeek7 カラダの黄金比?筋トレで恋愛?面白すぎる人体のフシギ

■19年春夏最大のトレンド「スポーツ」を楽しく着るボディーメークWeek6 体脂肪大幅ダウン!カラダづくりが楽しい春、到来!!

体脂肪率は順調に減っている今日この頃。普通のダイエット連載なら、そろそろ「停滞期」について記事を書く頃なんでしょうが、一向に訪れる気配がありません。ついに体脂肪率は1ケタ台に突入です。カラダの反応に合わせて食事の摂り方をちょっとずつ変えることで「良い意味でカラダ慣れさせない」工夫を取り入れているお陰のようです。ということで、今日は、当初の構想を変更。「停滞期」のお話ではなく、人体の不思議にまつわるお話をしたいと思います。

「RIZAP」での筋トレは、マンツーマンで1回50分。現在、およそ週2、3回のペースで通っていますから、毎回お付き合いいただく伊藤祐トレーナーとは最近、実にいろんな話をしています。特に各部位のトレーニングは10回のエクササイズを3セットくらいこなすもの。セットとセットの間には必ず1、2分のインターバルがあり、そこで僕はファッションやビューティの話を、伊藤トレーナーはカラダや筋肉の話をするワケですが、これがメチャクチャ面白い!ということで今日は、6週間を迎えたトレーニングの間に聞きかじった、カラダにまつわる話を紹介します。

まず最初に「へぇ」と唸ったのは、女性の体には黄金比があると言う話。下で紹介する今週の“マッスル”レビュー「マイケル・コース コレクション(MICHAEL KORS COLLECTION)」編でも触れていますが、女性はたとえぽっちゃりでも、ウエストとヒップが0.7:1のプロポーションバランスなら魅力的に見えるというんです。

たしかに「マイケル・コース コレクション」の常連モデルとなったプラスサイズモデルのアシュリー・グラハム(Ashley Graham)は、ふくよかながら、この黄金比を体現しているかも!伊藤トレーナー曰く、この黄金比が魅力的と思えるのは、特に男性はウエストに対して大きなお尻(健康的な骨盤)から、子どもが産める丈夫なカラダを無意識的に連想するからだそう。となると、この黄金比は我々のDNAに刷り込まれているというか、人類が種の保存のため本能的に持ち合わせている価値観なワケで、「未来永劫、決して揺らがないのでは?」なんて考えてしまったり。皆さん、伊藤トレーナーのセオリー通り、理想の黄金比を目指してみてはいかがでしょうか?

1/3ページ

最終更新:4/21(日) 20:00
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2084号
2019年5月20日発売

定価500円(税込み)

ミレニアル世代はみんなフェミニスト 声を上げ始めた20代に響くビジネスとは?

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事