ここから本文です

【知らなきゃ捕まる道交法の落とし穴】ベテランドライバーこそが陥る知っているようで知らない12の罠

4/22(月) 8:30配信

ベストカーWeb

 運転歴20年、30年以上といったベテランドライバーは「安全運転意識が高く、ゴールド免許だよ!!」という方も多いことだろう。

 でも……、というか、だからこそ道交法の意外な盲点というか、落とし穴に気がつかず、知らず知らずのうちに「交通違反」をしてしまっているってことはないだろうか!?

 ここではそんな、知っているようで知らない、ベテランドライバーだからこそ見落としてしまいがちな「道交法の落とし穴」をケーススタディで紹介していこう。もちろん、普通免許を取得したばかりの初心者も必見!

文/ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2019年4月26日号

【ケース1】この標識の先で追い越しをしたら白バイに捕まってしまいました。いったいどうして?

 確かに標識では「はみ出し禁止」の区間終了を示している。「追い越し禁止」の標識と間違いやすいが、補助標識での明示がないため、これはハミ禁。

 それはさておき、区間終了を示す標識なのだから、「さて行くぞ」と対向車線にはみ出して前走車を追い越したくなる。

 が、これはダメ。なぜなら前方に横断歩道が見える、信号がある交差点がある。道交法30条の規定により「交差点とその手前30mは追い越しが禁止」されている。引っかけ問題みたいだ。

【ケース2】早朝すでに明るいのでヘッドライトを消していたら捕まった

 人間の目はとても高性能なので、日の出前30分、日没後30分程度であれば充分「明るいな」と認識してしまう。特に早朝ドライブでは明るいからヘッドライトはつけなくてもOK、と判断してしまうことも多いだろう。

 道交法52条では「すべての車両は夜間前照灯を点灯しなければならない」と規定しているのだが、この「夜間」がクセモノで、法律的には日没から日の出時刻までを指す。

 つまり、見た目に感じる明るさの問題ではなく、きちんと規定されているのだ。これ、考えてみればエリアによってもまちまちだし、毎日毎日変動しているってこと。

 自車の存在を周囲にアピールするためにも、デイライトは効果的だとベストカー編集部では考えている。ライトオンを習慣的にしてもいいと思いますゾ。

1/3ページ

最終更新:5/15(水) 10:22
ベストカーWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事