ここから本文です

妻vs夫…微妙に食い違う、セレブ「離婚後のコメント」集

4/22(月) 0:00配信

コスモポリタン

離婚は一般人だけでなく、セレブにとっても辛いもの…。また、別れるに至った理由やそれぞれの立場から見る視点、関係の温度差によって、離婚をどう捉えるかというのも違ってくるよう。それは世間からだけではなく、夫婦の間でも起こっていて、セレブからのコメントの端々には“微妙なズレ”が見受けられます。

【写真】最短55時間…スピード離婚したセレブカップルたち

かつては世界中の憧れの的だった元夫婦の、そんな離婚後のコメントの食い違い、意見の微妙なズレを特集してみました。破局を「きれいにまとめた!」と思っても、実はパートナーの方はそう思ってないってことも…!?

ジェニファー・アニストン vs ブラッド・ピット

ジェニファー・アニストン「ブラッドは意地悪な人間じゃないわ、わざと私に恥をかかせようとしているわけじゃないの」「ただ、繊細さと言うものが欠けているのよ」

対して、ほとんど離婚に関してコメントをしていないブラッド・ピットだけど、実は最近になって離婚について「もっと考えて行動すべきだった」「ずっと前にジェニファーに平謝りして、許してもらっていた」らしいと言う情報が。

時代を代表する人気者同士、憧れの夫婦だったけど、夫ブラッド・ピットの浮気が原因となり破局、元妻ジェニファーに同情が集まった。ジェニファーのコメントからはブラッドの悪人じゃないけど、自分勝手な素顔が垣間見える。今では離婚後に再婚したパートナーとも別れた二人、未だに復縁を望んでいるファンも多いみたい。

グウィネス・パルトロウ vs クリス・マーティン

グウィネス・パルトロウ「クリスと私はとってもラッキーだったわ。なぜなら私たちは育児について基本的に同意しているの。私たちは同じ優先順位と価値観を共有しているし、彼を信頼しているわ…」


クリス・マーティン「僕は文句は言わないつもりだ。すべてに感謝しているよ、でも結構急だったんだ」
「離婚はひどいものさ、痛みが伴うし、難しいものだ。(でも)僕らは本気で、可能な限り子供たちを不安にさせないように努めたんだ」

あくまで「円満離婚」を強調するグウィネス。でもそれって本当…? クリスの控えめなコメントからはじんわりと“辛かったんだろうな”と察するに十分な苦い思いが…。

1/2ページ

最終更新:4/22(月) 0:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい