ここから本文です

【祝!30周年 ロードスター4世代乗り比べ 02】NBロードスターは質感が向上し、エンジンフィールもよりよくなった

4/22(月) 6:50配信

Webモーターマガジン

NAから着実な進化を狙った2代目NBロードスター

1989年に登場したロードスターは、2019年で30周年を迎えた。その間、NAに始まり、NB、NC、そして現代のNDまで4世代の進化を果たしている。なぜロードスターは長い間、愛され続けているのか? 歴代モデルを乗り比べて、その理由をひも解いてみたい。今回は2代目のNBロードスター(1998~2005年)だ。

【写真】NBロードスターをもっと詳しく見る

1998年に登場したNBロードスターは、先代モデルのNAから大幅にデザインが変更されている。しかし、プラットフォームやパワートレーン系は、NAをほぼそのまま継承した。互換パーツも多く、極端な言い方をすれば内外装のデザインを変えただけのビッグマイナーチェンジに近いかもしれない。

法規の変更に対応してリトラクタブルヘッドライトは固定式に変わったが、ドライビングポジションや運転席からの眺めなど、基本的な部分はNAと変わらない。走行フィーリングもNAに非常に近いのが特徴だが、2代目としての洗練が随所に見て取れるのもNBロードスターの特徴となっている。

幌や内装系の質感は明らかに向上し、見えない部分も数多く改良が加えられている。現在、NAを修理・リフレッシュするのに、改良されているNBの部分を使うのは常識になっているほどだ。

バリーエーションが豊富なことも大きな魅力

走りもNAの特徴を残しつつも、さらに質を向上させている。ドライバーとクルマの一体感は先代そのまま。それでいて、エンジンの吹け上がりは、より滑らかになり、ブレーキの効きも強力になった。

ただし、後期型の1.8Lエンジンは非常にパワフルになっているが、それに反比例するかのように軽快感は薄れている。

また、MTは5速と6速の2種のトランスミッションが設定されているが、熟成度では5速MTが上だ。つまり、軽快感を狙うなら1.6Lの5速MT車がオススメ。パワーも欲しいというのであれば、1.8Lと6速MTという組み合わせがいいだろう。

2代目NBロードスターの魅力は、NAの1.6Lからパワフルな1.8Lやターボモデルまで、バリエーションが豊富な点にもある。

また、カスタマイズ用のパーツが充実しているので、好みに合わせていろいろな味付けが可能になっているのもNBの魅力となっている。(文:鈴木ケンイチ)

■マツダ ロードスター(1998年) 主要諸元

・全長×全幅×全高:3955×1680×1235mm ・ホイールベース:2265mm ・エンジン種類:直4DOHC ・排気量:1597cc(1839) ・最高出力:125ps(145)/6500rpm ・最大トルク:142Nm/5000rpm(163/6500) ・当時車両価格:185万8500円~ ※( )内は1.8L

Webモーターマガジン

最終更新:4/22(月) 11:58
Webモーターマガジン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事