ここから本文です

新車のようなフェアレディZがオークションに登場! 個人コレクターが出品した国産車7選

4/22(月) 18:40配信

Auto Messe Web

どれも距離は少ないが価格は抑えめ

 RMドイツでは初開催となったRM Sotheby`sが主催する「エッセンオークション」が4月12日~13日まで開催された。ここ数年は日本車の人気も高まり、少し前まで街中で見かけていたモデルも出品されている。さっそく紹介をしよう。

デジタルメーターなど1980年代当時としては未来的なコクピット

1982年日産280ZX

落札価格:202万6521円

 新車から走行距離が5632km(3500マイル)しか刻んでいない、280Zが出品された。その距離を毎年平均して計算をすると100マイル/年となる。RMオークション

 さらに、付属される書類には元オーナーの購入請求書と保証書も含まれている。2016年にフロリダの故郷である新オーナーに渉り、その後スイスに輸入された。日本のクルマが世界的に人気が出ていることがよくわかる内容となった。

1975年ダットサン280Z

落札価格:108万5636円

 個人コレクションから出品された輸出モデルの280Zは、名前の通り2.8リッター直6エンジンを搭載する。5マイルバンパーと呼ばれる時速8キロの低速で衝突した際に存在外を最小限にするバンパーを装着しているのが特徴的だ。RMオークション

 車両についての歴史は知られておらず、2017年にアラブ首長国蓮邦から現在の所有者のところに輸出された。Z好きにとって、白いボディに黒いインテリアが理想的な組み合わせだ。

1982年ダットサン280ZXターボ

落札価格:188万1769円

 2015年までアメリカテキサス州、ノースカロライナ州で過ごしてきた280ZXターボ。2017年にスイスに輸出され、今回個人コレクションから出品された。

1992年日産300ZXツインターボ

落札価格:405万3042円

 日本では自主規制で280馬力となったが北米仕様は300馬力のまま輸出された。出品されたモデルは新車から4万233km(2万5000マイル)という個体。クルマは、2015年にアラブ首長国連邦に輸入され、2017年にスイスに輸出された。

1986年三菱スタリオンESI-R

落札価格:246万776円

 新車から1万4966km(9300マイル)と2オーナーモノの走行距離の少ないスタリオンが個人コレクションから出品された。日本でもここまで走行距離が少ない個体を探すのは今や大変だ。現車にはメンテナンスは定期的にされており、購入契約書やカタログなどが残っている。

1/2ページ

最終更新:4/22(月) 20:37
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事