ここから本文です

広瀬すず、姉・アリスから助言受け「笑おうと思った」

4/22(月) 20:04配信

SmartFLASH

 広瀬すずが、4月20日放送の『土曜スタジオパーク』(NHK総合)で、主演している連続テレビ小説『なつぞら』(同局)に対する姉・広瀬アリスからのアドバイスを明かした。

【写真】広瀬アリス「美しすぎる」巫女姿

 アリスは同じく朝ドラ『わろてんか』でレギュラーを経験。同作主演の葵わかなについて、アリスは「現場でずっと笑ってた」と指摘。

「『自分が笑わないとみんなも現場で笑顔が少なくなる』という意識で笑っていた」という葵の心持ちをアリスから聞いたすずは「『笑おう』と思った。楽しく自分がいたら楽しいのが伝わったらいいな」と笑顔を心がけていることを話した。

 番組では、広瀬演じる奥原なつが引き取られた「柴田牧場」のオーナー役の草刈正雄がVTRでコメント。「何をやらせても上手。馬も1人で乗るし、子牛の出産もものすごく楽しんでやってるし、普通はなかなか女の子でそうはできないですよ」と絶賛した。

 威厳のある草刈の演技に、広瀬は「本番で毎回やっても新鮮に届くものが必ずある」と感嘆していた。

 なつの育ての母役を務めるのは、朝ドラ『ひまわり』でヒロインを務めた松嶋菜々子。松嶋について広瀬はウェブ・モデルプレスのインタビューでこう答えていた。

「松嶋さんは、共演者の方とその場の化学反応を楽しまれているので、すごく心強くて、かっこいい女性です。お母さんの愛情や優しさも感じられて、台詞を交わす度に、なつとして受け取る感情があるからこそ、溢れる涙があったり、『ありがとう』という言葉が生まれたりするシーンが本当に多い。すごく居心地が良くて、支えてもらっています」

 豪華な共演者に囲まれて、朝ドラに挑んでいる広瀬。現在は北海道編だが、今後、上京してアニメーターとして世へ羽ばたいていく姿も描かれる。100作目の朝ドラとしてさらに話題を集めそうだ。

最終更新:4/22(月) 20:20
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい