ここから本文です

避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

4/22(月) 20:40配信

ニューズウィーク日本版

経口避妊薬を飲む場合、3週間服用後に1週間は休薬──常識とされているこの服用法が、 実は宗教上避妊を認めないバチカンへの配慮だったことかが明らかになった。

性的虐待で起訴されたバチカンNo.3の「聖人」

休薬中は生理に似た出血「消退出血」が起きるが、こうした出血や休薬は健康効果がないと、 英王立産婦人科医協会の「性と生殖のヘルスケア部会」が新指針を示した。休薬中の頭痛やけいれんに悩む女性には朗報だ。

ロンドン大学のジョン・ギルボー教授は、50年代に産婦人科医ジョン・ロックが休薬を提言したのは、「ローマ法王(教皇) が避妊薬を受け入れ、カトリック教徒が使えるようにするため」と、述べている。「ロックは休薬で生理周期を確保すれば受け入れられる」と考えたようだが、結局は拒否された。

正しく服用すれば99%避妊できるが、利用者の9%は服用開始から1年以内に妊娠する。「休薬期間前後に服薬を忘れるため」と、産婦人科医のダイアナ・マンスールは説明する。新指針は休薬期間を4日ほどに減らすことを提言している。

[2019年2月 5日号掲載]

カシュミラ・ガンダー

最終更新:4/22(月) 20:40
ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-5・28号
5/21発売

460円(税込)

【特集】ニュースを読み解く 哲学超入門
トランプ現象、移民、監視社会、SNS…… AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事