ここから本文です

竹内涼真、両親との素敵な関係性「大切なタイミングは一緒に過ごしてくれた」

4/22(月) 7:00配信

週刊女性PRIME

「予告編を妹や弟と一緒に“うわっ、楽しみだね~”と見たあとに、日本語吹き替えのお話をいただきました。主人公と聞いて、すぐにピカチュウを想像してしまったんですが、さすがにそれはないだろうと(笑)」

【写真】竹内涼真とピカチュウの見つめあいカットも♪

 世界中で愛されているポケモンの“ピカチュウ”をハリウッドが初実写化した映画『名探偵ピカチュウ』(5月3日(金)日本先行公開)。ピカチュウを相棒に、失踪した父の行方を追う青年ティムの声を演じるのが竹内涼真(25)。「めちゃくちゃ難しかったです」と本音を漏らした日本語吹き替えは初挑戦だった。

「ちゃんとティムから声が聞こえてくるようにしたくて、いろいろと工夫しました。自分の声そのままだと彼が話しているように聞こえなかったですし、声を変えながら吹き替えをしてみたらキャラっぽくなってしまって。

 それは今回避けたいと思ったので、気持ちの部分からティムに寄せていきました。そうすると、自然と声が変わって。収録が終わった自分の声を聞いたときは、ちょっと変な気持ちでしたね。まだ、慣れていないからかな」

 ティムの動きに合うようにセリフをつけ足したり、語尾を変えたり、映画のテンションと変わらないように意識したりと、さまざまな試みをしたのだそう。それほどに力が入っているのは、小さなころから大好きな“ポケモン”だからかもしれない。出会いは、幼稚園の年中のとき。

「身体を壊して病院に入院したとき、おじさんのおさがりでゲームボーイと『ポケットモンスター』のソフトをもらったんです。それから、中学、高校、今もずっとポケモンシリーズのゲームを続けています。2~3年前だと思いますが映画『青空エール』で共演した葉山奨之くんと飲みながらポケモンをやったこともあって。ものすごく楽しかったです(笑)」

 ポケモンの中からパートナーを選ぶとしたら?

「いちばんはピカチュウですが、パートナーがいるので。次に考えるとしたら、映画を見てしまったからというのもありますが、フシギダネです。すごくいいシーンで登場するんです。もともとは、カイリューが好きなんですが、残念ながら今回の作品には出てこないので」

1/3ページ

最終更新:4/22(月) 7:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」7/30号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事