ここから本文です

【健康デマに騙されないコツ】図やグラフは鵜呑みにしない!

4/22(月) 16:15配信

webマガジン mi-mollet

 ネットやSNSの発達で、医療や健康に関する情報は身近なものになりつつあります。
でも「本当に信じていい?」「何かあやしい気がする」と思うものも。そこで「見極める目」を持つことが必要な時代になりました。多くの具体例から、見抜くポイントを紹介した『教養としての健康情報 ~「それ」本当に信じていいですか』から学びましょう。

グラフは「数値」ではなく「軸」を見る

ダイエット関連の番組や記事などを見ると、研究データなどの紹介としてグラフが表示されていることがよくあります。
こうしたグラフを見るときに、見るのは、「数値」ではなく「軸」です。見過ごされがちな縦軸・横軸には、実はそのグラフの本当の意味を知るために重要な、情報が入っているんです。
 

まず大事なのは「単位」

例えば、あるダイエット法を行った前後での体重の変化を示している場合です。通常、縦軸の単位はキログラムですよね。しかし、もしこれがグラム単位で書かれていたとしたらどうでしょう。1㎏痩せた、と書かれているのと1000g痩せた、と書かれている場合では、後者のほうが効果ありそうに感じてしまいそうです。
  
また、キログラム単位で書かれていたとしても、身長160cm、体重150kgのかなり大柄な人が5kg痩せるのと、身長160cm、60kgの普通体型の人が5㎏痩せるのとでは、数字上は同じ変化でもその意味は大きく違います。
  
こうした偏りを考慮した指標としてBMI(体格指数)というものがあります。
もし縦軸の単位をBMIで表示している研究があったとしたら、慎重に効果を検証しようとしており、結果を信頼してもよいのかもしれない、ということが感じ取れます。
 

「省略」を意味する波線には要注意

またもうひとつ、縦軸の途中に「二重の波線」が入っていないかどうかを見ることも重要なポイントです。
波線は「省略(抜粋)」を表しています。「グラフは全体ではなく、ある範囲だけを抜粋しています」、というメッセージです。

以下に示した2つの図を見てください。

1/2ページ

最終更新:4/22(月) 16:15
webマガジン mi-mollet

記事提供社からのご案内(外部サイト)

スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、ミドルエイジ女性のためのwebマガジン。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルの情報を配信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事