ここから本文です

風間監督も高評価する名古屋躍進へのキーマン。さらなる進化へ思い出したい感覚

4/22(月) 12:24配信

SOCCER DIGEST Web

その動きは名古屋のサッカー、指揮官の要求を体現。足りないのは…

「相手のイヤなところに入っていくというのは自分の良さ」と和泉本人も口にするが、その言葉まさに。2019年の和泉は、チームの成長に呼応し、相手にとって厄介な選手へ成長中だ。
 
 最終ラインの選手にもペナルティエリアに入って攻撃に厚みを付け、押し込むことを求めているのが今季の名古屋グランパスが求めていること。今の和泉の動きは、名古屋のサッカーならびに風間監督が求めることを体現していると言って良い。
 
 ただ、足りないのが数字の部分。開幕戦でネットを揺らして意向、ゴールからは見放され続けている。
 
「個人としては点を取ったりアシストというところ。そこがついてくれば自分も楽にというか、気持ちよくできる」
 
 もうひとつ殻を破るには、結果を数字で出すことに他ならない。ただ、高校・大学とゴールを取ることには長けていた。この感覚を彼が思い出せば…名古屋の躍進のスピードは更に速まるに違いない。
 
取材・文●竹中玲央奈(フリーライター)
 

2/2ページ

最終更新:4/22(月) 12:24
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事